パックンが子どもに「80万円」クリスマスに渡す訳 子どもの頃から知っておくべきお金の感覚とは

拡大
縮小
お札
金融教育が当たり前になるこれからの日本で、お子さんに早いうちから教えておきたいパックン式の「お金のメソッド」をご紹介します(写真:bee/PIXTA)
「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)。現在では東京都心に邸宅を構え、お金に悩まされずに、家族と楽しく過ごしています。この大逆転の理由を、パックンは「お金を育てる方法」を知っていたから、と語ります。
最新刊『パックン式 お金の育て方』では、誰にでもマネできるお金との付き合い方を紹介しています。ハーバード卒のパックンが、日本で子どもに伝えている「お金の英才教育」をこっそり紹介。金融教育が当たり前になるこれからの日本で、お子さんに早いうちから教えておきたいパックン式の「お金のメソッド」を本書から一部を抜粋・再編して大公開します。

子どものころから知っておくべき「お金の感覚」

僕は今、2人の子どもを育てています。

親として、彼らに向けて「お金の教育をしたい」と思っていますが、実際にやってみると「難しい!」と感じることが少なくありません。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

そもそも、僕は子どもたちにお金の心配はさせたくない、と思っています。

子どもの頃の僕みたいに、経済的な不安からやりたいことを諦めてほしくはない。

自分が望む未来に気兼ねなくチャレンジできるように育ってほしいのです。

ただ、その一方で、お金は無限にあるものではなく、努力も我慢も計画も必要であることは理解してもらいたい。

僕たちは家族でよく海外旅行に行きますし、子どもたちはいろいろな習い事もやっています。でも、「それが当たり前」だとか、「何でも苦労なく手に入る」などとは思ってほしくありません。

そこで僕がやっているのは、「なんでもすぐに手に入る」という状況をなるべく作らないこと

子どもたちが欲しいものを買おうとしたとき、必ず話し合いをしています。

まず話すのは、「買わずに済む方法」について。

「本が欲しいというけれど、図書館で借りればいいよね」「その漫画が流行っているなら、友達と貸し借りできない?」「その洋服、似たのを持ってなかったっけ?」といった感じです。

こうやって、まずはお金を払わなくても欲しいものを手に入れる方法がないか、を考えてもらいます。

次ページ一緒に買い物に行って、金銭感覚を磨こう
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT