焼肉ライク、社長が炎上後にとった「最大の悪手」 原価めぐって本音ツイート、幕引きを図るも…

拡大
縮小
焼肉ライク
おひとりさま需要を開拓し急成長を続ける焼肉ライクですが、会社の顔である有村壮央社長のツイートがプチ炎上し、2日経たないうちにツイッターをやめると表明。しかし、筆者は「悪手」だと指摘します(撮影:梅谷秀司)

焼肉屋で外食するよりも、スーパーで買った肉を家で焼いたほうが安い。そんなSNS投稿に「イラッとした」という、大手焼肉チェーン店経営者のツイートが、大きな論争を呼んでいる。

インターネットでは時折、原価やコスパ(コストパフォーマンス)が議論になる。そのたびに当事者からの反論はあるが、今回の件については、さすがに過剰な反応なのではないか、との声が続出。最終的に経営者は、ツイッターをやめると発表した。件の投稿から、わずか1日半後のことである。

企業トップによるSNS投稿は、ブランド価値を高める効果があるが、一方でイメージを毀損することもある。筆者はネットニュース編集者として、約10年にわたり、あらゆる「炎上」を見てきた。

その経験からいうと、「自社プロダクト(サービス)への強すぎる自信」が火の元になるケースが多々見られる。

「焼肉ライク」社長のツイートがプチ炎上

今回話題となっているのは、「焼肉ライク」の有村壮央社長だ。

焼肉ライク
1人1台の無煙ロースターが、新たな食空間を創造している(写真:編集部撮影)

焼肉ライクとは、1人1台割り当てられたロースターで楽しめる、全国92店舗(2022年10月28日現在、公式サイトより)を展開する外食チェーン。基本メニューは、肉とごはん、わかめスープ、キムチ。品ぞろえをシンプルにすることで、注文から3分以内の提供を売りにしている。

次ページさまざまな、新しい試みが話題に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT