富士通は会津若松の半導体3工場で復旧作業を開始【震災関連速報】

富士通は会津若松の半導体3工場で復旧作業を開始【震災関連速報】

富士通は、東日本大地震の影響で操業を停止している6工場のうち3工場で復旧作業に取りかかった。

いずれも福島県会津若松市に位置する半導体関連製造拠点。具体的には富士通セミコンダクター、富士通セミコンダクターテクノロジ、富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジの3工場。詳細な復旧時期は、今後の推移をみながら明らかになってきそうだ。

相次ぐ事故によって危険な状態が続く東京電力の福島第1原子力発電所に最も近い拠点は、福島県伊達市の富士通アイソテック。原発からの距離は50キロメートル以上離れており、当面は様子を見ている状況だ。

計画停電エリアに属する群馬県・館林のデータセンターと静岡県沼津のソフト開発拠点は、計画停電中は自家発電を稼働し操業を確保。携帯電話の那須工場は製造ラインの停止で対応している。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT