「ハラスメント包囲網」が職場に生み出す残念な溝 女性への無意識の思い込みが問題をこじらせる

拡大
縮小
男性管理職がハラスメントを過剰に恐れ、女性活躍推進を阻む結果が生まれている?(写真:YUJI/PIXTA)
中小企業でも義務化された通称「パワハラ防止法」(正式名称は改正労働施策総合推進法)。パワハラが常態化して改善が見られない企業は、企業名が公表されることが決定しており、各企業は防止対策につとめなければなりません。これ以外にもセクハラを含めた各種ハラスメント対策にやきもきする会社や管理職が増えています。
こうした中、「男性管理職がハラスメントを過剰に恐れ、女性活躍推進を阻む結果が生まれているのではないか」と指摘するのは、『Oggi』『Domani』などの編集者として働く女性を長年取材し『男尊社会を生きていく昇進不安な女子たちへ』の著書もある下河辺さやこさん。
女性管理職の育成・登用とハラスメント防止を同時に行わなければならない管理職が心得ておかなければならない術とは……?

気づきにくい「アンコンシャスバイアス」

今、女性管理職の登用で頭を抱える企業幹部の方が少なくありません。女性活躍推進を阻むキーワードの1つが「アンコンシャスバイアス」。言葉ではご存じでも、実感がともなっていないことが多いと感じます。

「アンコンシャスバイアス」は自分自身でも気づいていない偏ったものの見方のこと。

自分のバックグラウンドや属している組織の中で培われた「常識」によって、先入観を持ち、無意識に相手を「こうである」と決めつけてしまうことは誰にでも起こりえます。年齢、職業、性別、見た目、学歴、経歴、肩書……生まれながらに備わっている資質や、本人の努力いかんで手に入るものは確かにありますが、それがすなわちその人を表すことではありませんよね。

例えば「若いから体力がある」とも限らないし「偏差値が高い大学を卒業しているから理解力が高い」とも限りません。

「残業をしない」=「やる気がない」と捉える管理職の方もいらっしゃいますが、残業をしなくて済むのは仕事が早いからかもしれないし、帰宅してから仕事をしているのかもしれない。でも、そんなことは想像もせず、自分の思い込みに基づく「普通」を他人に当てはめて判断してしまう。

次ページ自分の「普通」を他人に当てはめて判断してしまう
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT