Kindleで売れたビジネス・経済書ランキング

2月のベストセラー200冊を一挙に紹介

キンドルではいったいどのようなビジネス・経済書がたくさん買われているのだろうか(撮影:尾形文繁)

アマゾンでは紙の本だけでなく、電子書籍も販売している。紙の本については週1回ペースで最新版!売れている「ビジネス・経済書」200冊でランキングを掲載していくが、キンドルでは何が売れているのかを知りたい読者も多いだろう。

今回は番外編として、2月月間のキンドルベストセラー(ビジネス・経済ジャンルに限る)、200タイトルを紹介したい。

■2月のキンドルベストセラー(ビジネス・経済)トップ10■

1 知的幸福の技術 橘玲
2 文章力の鍛え方 樋口 裕一
3 組織戦略の考え方 沼上幹
4 仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン
5 大前研一ビジネスジャーナル No.1
6 0ベース思考 スティーヴン・レヴィット
7 これから日本で起こること 中原 圭介
8 MBAの超基本 かんべ みのり
9 ピケティ 『21世紀の資本』を読む トマ ピケティ
10 バフェット合衆国 パンローリング
次ページ1~50位は?
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。