Kindleで売れたビジネス・経済書ランキング

2月のベストセラー200冊を一挙に紹介

キンドルではいったいどのようなビジネス・経済書がたくさん買われているのだろうか(撮影:尾形文繁)

アマゾンでは紙の本だけでなく、電子書籍も販売している。紙の本については週1回ペースで最新版!売れている「ビジネス・経済書」200冊でランキングを掲載していくが、キンドルでは何が売れているのかを知りたい読者も多いだろう。

今回は番外編として、2月月間のキンドルベストセラー(ビジネス・経済ジャンルに限る)、200タイトルを紹介したい。

■2月のキンドルベストセラー(ビジネス・経済)トップ10■

1 知的幸福の技術 橘玲
2 文章力の鍛え方 樋口 裕一
3 組織戦略の考え方 沼上幹
4 仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン
5 大前研一ビジネスジャーナル No.1
6 0ベース思考 スティーヴン・レヴィット
7 これから日本で起こること 中原 圭介
8 MBAの超基本 かんべ みのり
9 ピケティ 『21世紀の資本』を読む トマ ピケティ
10 バフェット合衆国 パンローリング
次ページ1~50位は?
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT