「Q」が首位!スマホアプリ最新ランキング

超シンプルなパズルゲームが大人気に

(写真:miya227 / Imasia)

気になる、あのスマホアプリはいったいどれだけダウンロードされているのか。そして、どれだけ売り上げを稼いでいるのか。その調査と推定を行っているのがApp Annie(アップアニー)だ。

東洋経済オンラインでは、App Annieのデータをもとに、定期的に人気アプリのランキングを掲載していく。前々回の11月、そして前回の12月に続いて、今回は2015年1月のランキング。同社はジャンルにわけてランキングを公表しているが、日本市場における「ゲームカテゴリ」と「ゲーム以外のカテゴリ」のランキングを掲載する。これは2月25日夜に同社が発表したものである。

トップに輝いたのはQ(キュー)

まずはアプリの中でも圧倒的に大きなシェアを占めているゲームアプリからみていく。

ダウンロードトップ10の顔ぶれは新顔が目白押しだ。2015年1月9日リリース開始からわずか6日間で100万ダウンロードを突破致したリイカの「Q(キュー)」だ。本作は,画面に指を使って絵を書いて下に落として、与えられた課題を解決していくパズルゲームだ。

シンプルな課題なのになかなか解けない。難問を解けたら、クリア後の画面をSNSで共有して自慢したくなる。頻繁に出てくる広告のわずらわしさも忘れるほど夢中になってしまう、意外性のあるゲームだ。スマホゲームには、まだ新しい開拓領域が残されていることを見せつけた。

売り上げランキングは、トップ4が不動。パズドラ、モンストのワン・ツー・フィニッシュはいつまで続くのだろうか。

トップ10に登場した新顔は、gumiが配信を手掛ける「ブレイブフフロンティア」とDeNAが配信を手掛ける「ファイナルファンタジー・レコードキーパー」だ。課金ゲームとしては、こうした本格的なロールプレイングゲームが強い。

次ページゲーム以外のアプリで強いのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT