「Q」が首位!スマホアプリ最新ランキング

超シンプルなパズルゲームが大人気に

次にゲーム以外のスマホアプリを見てみよう。続いて、アプリケーションカテゴリのスマホアプリについてみていこう。ダウンロード数でも売り上げでも首位はLINE。これは10月、11月と同じだ。

続く2位にはサイバーエージェントの子会社7gogoが運営するコミュニケーションアプリ「755」が登場した。2014年2月にサービスインしているが、年末にテレビCMを集中投下したことで、大きくダウンロードを伸ばした。

サイバーエージェントの755が大躍進

この755は、アイドルや有名人との疑似会話を体験できる公開トークアプリ。「アメーバ」で有名人のブログを運営するノウハウを蓄積してきたサイバーエージェントだからこそ、多くのアイドルや有名人を集めることに成功したといえる。

技術的に何か新しい点があるわけではなく、有名人を軸に多くのファンが参加するSNSだ。有名人にとっては「ファンとの交流」という営業をするスペースであり、ファンにとっては有名人との距離感が縮まったような雰囲気を経験できるわけである。ファンどうしで会話を楽しむプラットフォームとしても機能しており、機能限定型SNSとして特異な地位を占めるようになるかもしれない。これから、どのような形でマネタイズをしていくのかが注目されるところだ。

そのほかヤフー、アマゾン、フェイスブックなど巨大サイトの公式アプリのダウンロードが好調だった。

売り上げランキングはLINE、LINEマンガ、LINEプレイの"LINE御三家"が上位を独占した。これはAppAnnieがこのランキングの公表を始めた昨年7月以来、変わっていない。アプリケーションの順位変動は、ゲーム以上に小さく、顔ぶれはほ大きくは変わっていない。カテゴリのジャンルは、ほぼマンガ系、出会い系だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。