安倍首相の政策では、日本は復活しない

円安では「人材流出」が加速するだけ

弥生賞(3月8日中山競馬場、第11R)であります。いよいよ再びクラシックシーズンの到来でありますな。実は週末はご招待をいただいており、中山競馬場にて生で見ることになるのですよ。これは大変楽しみであります。

弥生賞は、武豊のグァンチャーレ単勝一発勝負! 

しかし、メンツを見る限り、馬券的にはあまり楽しくなさそうです……つまり、万馬券が出るようなレースにはなりません。グァンチャーレ、シャイニングレイの一騎打ちといってもいいようなレースですね。しかし、私の場合、あのエアシャカールの末脚爆発以来、弥生賞と言えば武豊、という構図が崩れません。

実際調べてみると、武さんは1993年のナリタタイシン2着以来、1昨年までの15戦で<7503>(15回騎乗のうち7勝、2着5回、3着ゼロ回、4着以降3回)となっており、勝率4割を超え、連帯率で言えば8割!!

そら、印象が強いわけですわ。

その武豊が乗るわけですから、グァンチャーレ本命は当然の流れでありましょう。面倒なことを考えず、単勝一発勝負であります!

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。