面接官が「女子のほうが優秀」と感じるワケ

女子は「優秀だけど採らない」という現実

「女子のほうが優秀」「女子は採用されづらい」どっちがホント?(写真:KAORU / Imasia)
人生の転換点として、誰もが通り抜けなくてはいけない就職活動。多くの人がつらい思い出を持つその背景には、学生と企業の間に横たわる大きな溝があるという。本連載では、ドラマ化もされた人気コミック『エンゼルバンク~転職代理人』に登場するカリスマ転職代理人・海老沢康生のモデルになった筆者が、人気企業が隠している「裏側」の本音をバカ正直に明らかにしていく。

 

人気企業が隠している採用の「手口」をバカ正直に書いて大好評の本書。どれくらい「バカ正直」かというと……
「大学名で差別はありますか?」
「もちろんあります」

「いわゆる学歴フィルター?」
「もっと巧妙にやってます」

これくらいです!

前回は、仕事の種類によって、活躍できるタイミングが変わってくるので、募集広告の甘いコピーには要注意というお話をしました。

どんなタイプの仕事が合うか、当然ですが人によって向き不向きがあります。だから、自分の人生やキャラクターと照らし合わせて、どのタイプの仕事が自分に合っているかをよく考えて選ぶことが、入社後その会社で活躍するためのキーポイントになるのです。

すでに社会人となられている方も、今の仕事と自分の相性をチェックしてみてはいかがでしょうか。

さて、最近、採用担当者が集まると、こんな会話がよく交わされます。

「元気な若手男子社員が非常に少ないですな」

「採用面接をしていても、評価の高いのは女子ばかりです」

人気の大手企業でも、いぶし銀の中堅企業でも、成長著しいベンチャー企業でも、どこに行ってもこうした思いを語る採用担当者が、非常に多くなっています。

女子のほうが、男子より優秀?

確かに学校の勉強は、コツコツまじめに取り組む女子学生のほうがよい成績をとる傾向はありますが、採用担当者たちが見ているのは、候補者たちが自分の会社に入ってから活躍してくれるかどうか、だけのはずです。

仕事をする力に関しては、本来、性差などあるわけありません。では、どうして採用担当者の多くが、女子のほうが優秀だという印象を持ってしまっているのでしょう?

実は、その裏には「女子は、よほど優秀でないと採用されないから」という悲しい現実があるのです。

女子が優秀と語る採用者たちは、続けてこんなことを言っています。

「だから男子学生は、下駄を履かせて採用しているんだ」

なんか変ですね? 女子が優秀なら、女子ばかり採ればいいではないですか。

次ページ女性社長も「男子が採りたい」と言う現実
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT