文系出身者はメーカーに就職できない?!

学生の"思い込み系質問"にズバリ回答

いよいよ3月1日から採用広報活動が解禁となる。これに合わせて就職サイトがオープンし、合同企業説明会も本格的にスタートする。今年は就活スケジュールが後ろ倒しになったことと、好景気で売り手市場になっていることから、のんびりしている学生が多いようだ。

こうした学生は自分で調べもせずに都市伝説的な話を信じ込んでいることがある。そこで、今回は就活生からよく寄せられる質問を取り上げた。

就職四季報の「男女・文理別採用実績」をチェック

Q1:文系学生でもメーカーに就職できるのでしょうか。もし、就職したら文系出身者はどんな仕事をするのでしょうか。

文系だとメーカーに入社できないと思い込んでいる学生は少なくありません。まず最初に申し上げておきますが、文系学生でもメーカーに入社できます。毎年、多数の文系出身者がメーカーに入社しています。

『就職四季報』(2016年版)の【男女・文理別採用実績】を見れば一目瞭然です。日本最大のメーカーであるトヨタ自動車の場合、2014年度の大卒男子採用数126名のうち、81名が文系で45名が理系でした。また大卒女子は、採用数66名のうち文系57名、理系9名でした。男子も女子も理系よりも文系のほうが採用数が多いのです。

次ページ理系社員だけでメーカーを動かしているのではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。