「内定倍率100倍超」という、しょっぱい現実

東レ213倍、カゴメ308倍、明治は2750倍

大学3年生に取材すると、「先輩は内定をいくつももらっていたので、自分も何とかなるだろう」「3月から説明会に出席すればいい」といった発言を聞くことが多い。
しかし、本当に3年生は容易に内定を取れるのだろうか。人気企業には1万人以上の本エントリーがある。より好みしなければ就職できるだろが、志望企業に入社するのは難しいはずだ。リクルートワークス研究所や就職四季報のデータを基に2016年新卒採用(現3年生)の現実を展望する。

新卒がダメなら中途採用を

11月発売の就職四季報2016年版は現在、好評発売中(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

リクルートワークス研究所が民間企業の2016年3月卒の採用見通しを発表した。同研究所の調査によると、2016年卒対象の大学生・大学院生の新卒採用見通しは、「増える」が14.0%、「減る」が5.3%と、「増える」が「減る」を上回った(+8.7ポイント)。2015年卒(+7.8%ポイント)に引き続き、大学生・大学院生の新卒採用数は増加する見通しだ。

業種別に見ると、「減る」が「増える」を上回るのは医薬化粧品業界のみ。薬価引き下げやジェネリック医薬品の利用拡大によって、製薬関連企業は業績が伸び悩むことから採用意欲はあまり高くない。しかし、その他の業界は前年よりも採用数を増やす方針だ。

従業員規模別に見ると、どの従業員規模においても「増える」が「減る」を上回っている。特に従業員の多い大企業の採用意欲が強い。大企業志向の強い就活生に有利な環境だ。

新卒だけでは必要な人員を確保できないことから、中途採用に注力する企業も増えている。2015年度の中途採用見通しは、「増える」が13.0%、「減る」が4.0%と、「増える」が「減る」を上回る(+9.0ポイント)。2014年度(+5.9%ポイント)より増加傾向が一段と高まっていることがわかる。

次ページ人手不足でも採用基準は下げない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT