ついにブーム終焉?東京マラソンの「功罪」

様変わりした日本のRUNを考える

エントリー費を含めて、レースに出場するための費用は格段に増えた。おカネがかからないと始めたランニングだけど、実際はおカネがかかる。そんな理由も、ランニング人口の減少につながっているのかもしれない。

裾野は広がったがトップは伸びず

都市型レースが増えたことで、フルマラソンに参加するランナーは大幅に増えた。ピラミッドの裾野は広がったはずだが、トップは伸び悩んでいる。この9年間で日本人選手のレベルはまったく上がっていないのだ。

東京マラソンが始まった2007年2月時点での世界記録は2時間4分55秒で、日本記録は高岡寿成(カネボウ)が2002年10月のベルリンで樹立した2時間6分16秒。当時、高岡の記録は世界歴代11位につけていた。ここから日本記録の針はまったく動いていない。一方で世界記録は2時間2分57秒まで短縮した。2007年当時の世界記録だったポール・テルガド(ケニア)の2時間4分55秒は、現在では世界歴代25位にすぎないほど、男子マラソンは超高速化が顕著だ。

一方、東京マラソンを振り返ると、日本人チャンピオンは2010年の藤原正和(Honda)のみ。このときは雪が降る悪条件で優勝タイムは2時間12分19秒と伸びなかった。そのせいか、藤原は唯一の日本人制覇となったものの、あまり騒がれることはなかった。

東京で人気者になったのは、埼玉県庁に登庁する“公務員ランナー”川内優輝と、当時“無職”だった藤原新だ。いずれも優勝争いをしたわけではなく、日本人トップという立ち位置。世界との対比ではなく、日本人にしか通用しない内容と競技以外の“付加価値”でメディアをにぎわせた。

東京マラソンは2013年大会からワールドマラソンメジャーズ(現アボット・ワールドマラソンメジャーズ)に加入したこともあり、近年は世界トップクラスのランナーが参戦するようになった。

今回はロンドン五輪金メダリストのスティーブン・キプロティチ(ウガンダ)、ジェフリー・ムタイ(ケニア)、ツェガエ・ケベテ(エチオピア)ら2時間4分台の記録を持つランナーが4人も出場。大会主催者側は、ペースメーカーに「1km2分58秒ペース」を指示して、国内最高記録(2時間5分18秒)の更新を目指していた。

その中で、かつて「山の神」と呼ばれた今井正人(トヨタ自動車九州)が奮闘した。ケベテに先着するなど7位に食い込み、2時間7分39秒をマーク。日本人選手では、2012年に藤原新がマークした2時間7分48秒を上回る現役最速タイムで、日本歴代6位の好記録だった。今井の快走を多くのメディアが絶賛したが、世界で戦おうとする選手にふさわしいジャッジを下すべきだろう。

次ページマラソン界の巨人たちの言葉
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング