ついにブーム終焉?東京マラソンの「功罪」

様変わりした日本のRUNを考える

また、昨年10月に第4回大会を終えた大阪マラソンも、フルマラソンのエントリー総数は第1回の15万4822人から年々減少。第4回は13万7768人の応募にとどまった。長く続いてきたランニングブームは落ち着きを見せており、もしかしたら終焉を迎えつつあるのかもしれない。そうなると、この10年で一気に増えた大規模都市型レースは、東京、大阪などメジャー大会を除くと、定員を集めることが難しい大会が出てくることも考えられる。

古くからのランニングファンの本音

ブームが落ち着きつつある一方で、以前からの熱烈なランニングファンをしっかり囲い込めているかというと、そうともいえないかもしれない。依然として、大会に出場しにくい状況が続いているのだ。

主な理由はふたつ。ひとつは出場したくても抽選になること。もうひとつはエントリー費の高騰だ。

抽選に関しては、東京の約10倍を筆頭に、大阪で約5倍、昨年新設された福岡も約3倍だった。そのほかの大会でも抽選というところが多い。これはランナー人口の増加だけでなく、以前と比べて複数のレースを同時にエントリーするランナーが激増したことも理由だろう。本当は東京マラソンに出たいけど、落選する可能性が高いから、ほかのレースにも申し込んでおこうという「とりえずエントリー」型ランナーの存在が、抽選倍率を押し上げている。

そして、エントリー費。東京マラソンがエントリー費1万円を打ち出したとき、ランナー仲間の間では、「ちょっと高いよね」という話になった。当時は、ハーフが3000~3500円、フルでも4000円前後が相場だったからだ。

筆者は第1回の東京マラソンに出場したが、個人的には1万円を払って走るだけの価値はあると思った。大都会のど真ん中を堂々と走ることができるし、大勢のランナーとゴールを目指す感動は、過去に体験したことがないものだったからだ。

2007年以降、新設された都市型マラソンのエントリー費は東京を見習うかのように、1万円というところが多い。この流れに便乗するように、東京がスタートする前と比べると、板橋マラソン(旧・荒川マラソン)は4500円から6000円に、つくばマラソンとかすみがうらマラソンも3700円から6000円にエントリー費を値上げしている。

3月15日に第1回を迎える横浜マラソンのエントリー費が1万5000円だったこともちょっとビックリした。東京マラソンの約1.5倍とはずいぶん強気だなと思ったが、それだけではなかった。エントリーするのにローソンPontaカードの入会が必須で、エントリー費以外に、システム手数料(216円)と受付手数料(750円)が必要になるというのだ。それでも、フルマラソン(一般枠)の抽選は3.4倍。この事実にはさらに驚かされた。

しかも、近年はゼッケンの引き換えをレース前日までに現地で済ませないといけない大会も増加。前泊を余儀なくされる場合もある。

次ページ日本人の足は速くなったか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング