有料会員限定

「黒船の刺激」こそ日本のベンチャー振興に必須だ 米国で20年ベンチャー投資、WiL伊佐山氏の提言

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
印刷
A
A

制度改革や規制緩和、ファンドの数の拡大だけでは、日本でこれ以上筋のいいベンチャーが増える気がしない――。WiL・伊佐山元氏の提言とは。

「今から投資しようとしている人にとっては最高の環境になった」と指摘する伊佐山氏(写真:WiL)

特集「すごいベンチャー100 2022年版」の他の記事を読む

パナソニック・ホールディングスやソニーグループ、日産自動車など日本の大企業がそろって出資するのが、日米を拠点とするベンチャーキャピタル(VC)のWiLだ。2022年6月に3つ目となるファンドの組成を完了、運用総額は2500億円を超えた。
昨今の金利上昇と株式市場の低迷を受け、アメリカを中心にベンチャーの評価額が大きく落ち込む事態となっている。そんな中、WiLはベンチャーに直接投資するファンドだけでなく、ほかのVCに出資するファンド・オブ・ファンズも設立。欧米のトップ級VCとも関係を強固にしている。
アメリカでベンチャー投資を20年続けている伊佐山元代表は、経済産業省のベンチャー育成事業に協力するなど、政府との関係も深い。昨今の市況や岸田文雄政権のスタートアップ政策、そして欧米のVCが今考えていることなどを聞いた。

ビジョン・ファンドらが起こした「インフレ」

――日米欧でベンチャー投資を長年続けていますが、昨今の市況をどう見ていますか。

週刊東洋経済 2022年9/17-9/24合併号[雑誌](すごいベンチャー100 2022年最新版)
『週刊東洋経済 2022年9/17-24合併号[雑誌](すごいベンチャー100 2022年最新版)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

投資家にとっては、プラスとマイナスの両面があるだろう。

前提として、現状のアメリカのように金利が上がると株式市場が落ちる。それにつれてベンチャーの評価額も下がってしまう。2020年、2021年と金利がずっとほぼゼロだった。カネ余りが起きたことで、ベンチャー投資をやったことがない投資家が入ってきた。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドやタイガー・グローバル・マネジメントといった伝統的なVCではない人たちが大量に流れ込み、(ベンチャーの評価額において)金融の理論では説明できないようなインフレが起きてしまった。

そうしたインフレが起きると、2年間はまったく投資の仕事をしないという人と、仕事をしないことにプレッシャーやストレスを感じるので無理にでも投資するという人に分かれる。結局多くの人は高値だとわかっていても投資するので、今回のように市場が落ち込めば損失を出してしまう。

――プラスの側面でいうと?

今から投資しようとしている人にとっては、2つの意味で最高の環境になった。1つは評価額が適正な水準になり、以前より安く投資できるようになったこと。もう1つは、新しいテーマの投資がしやすくなったことだ。

次ページマイナス面は?
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2022年版
全26社を「時価総額」と「営業損益」でランキング
約400社の企業価値を一覧、5年前との比較も
グーグル、ペイパルなど米国の巨人も買い手に
セブンドリーマーズは2019年に破産手続き開始
パビリオン・キャピタルの日本担当者を直撃
米国で20年ベンチャー投資、WiL伊佐山氏の提言
治療アプリの「キュアアップ」に70億円出資
脱炭素ベンチャー「アスエネ」急伸する3つの秘訣
CO2排出量を可視化、情報整理の負担を7割軽減
「すごいベンチャー100」2022年最新版・全リスト
全社総力取材、これが未来のユニコーンだ!
「テスラ超え」誓う、令和発EVベンチャーの潜在力
将棋AI開発者と自動運転のプロがタッグで起業
「過酷な検品」を変える産総研ベンチャーの新境地
AIの難点を克服し「不良品サンプル」なしで実現
アパレル店員の「賃上げベンチャー」が生む次の波
自己資金だけで流通総額1380億円に到達の異例
「エンタメ企業をWeb3化」ガウディが生み出す熱狂
バンナムやサンリオも頼る「NFT活用の伝道師」
「南場氏の大叱責」で奮起したYOUTRUSTの針路
転職活動を「呼吸くらい自然に」、人材SNSの挑戦
「脳ドック」をITで価格破壊、楽天役員OBの目算
「MRIシェアリング」ベンチャーが医療を変える
新星「Web3」「ESG」ベンチャーが放つ異色存在感
Gaudiy、アスエネ、テイラー…注目業界の25社
ファンの熱量高める場を構築
排出量把握の負担を軽減
サブスク店の予約・決済管理
データで選手の技術向上支援
ブロックチェーンゲーム開発
企業のメタバース構築を支援
独自運営のブロックチェーン
NFT化でデータに価値を
モバイルアプリなどの開発
「パブリックチェーン」の開発
CO2可視化で「標準」狙う
再エネの収支を一括管理
独自の統計手法で透明性確保
ESG経営をクラウドで支援
小型水処理プラントを販売
戦略的プライシングの実行支援
AI活用による店舗支援SaaS
CFO向け経営管理クラウド
ERPシステム構築の効率化
紙の郵便物をクラウド保管
スポーツファンのための賭博
サッカー選手への道を平等に
スポーツを通じて分析力向上
CO2排出量集計を効率化
太陽光を初期費用無料で
完全自動運転車開発の新鋭
検品作業の自動化ソフト
企業向けのセキュリティ訓練
脳ドックをITで価格破壊
エネルギー密度高い電池開発
AIが安全運転をサポート
市販向け垂直離着陸機を開発
「空飛ぶクルマ」を開発
船舶の自律航行技術を開発
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内