有料会員限定

すごいベンチャー「過去500社」で買収された面々 グーグル、ペイパルなど米国の巨人も買い手に

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
印刷
A
A

過去5年分の「すごいベンチャー100」全社について、その後の動向を一斉調査。第3回は「M&A」された各社についてまとめた。

アメリカのペイパルに3000億円で買収されたPaidy(撮影:今井康一)

特集「すごいベンチャー100 2022年版」の他の記事を読む

「過去に掲載されたベンチャーが今どうなっているのかを知りたい」。『週刊東洋経済』の「すごいベンチャー100」特集(最新版は2022年9月12日発売、予約はこちらから)やその関連企画に対し、毎年多くの読者から寄せられるのがこの要望だ。
そこで今回、2017年から2021年まで5年分の「すごいベンチャー100」特集で取り上げた全社について、その後の動向を一斉調査。「IPO」「未上場」「M&A」「解散・廃業・サービス終了など」に分けて紹介する。
第1回:すごいベンチャー「過去の500社」IPO組の実力は
第2回:すごいベンチャー「過去の500社」最新評価額の明暗
第3回:当記事
第4回:すごいベンチャー「過去の500社」手詰まり組の末路

買い手はIT・ネット企業だけじゃない

第3回では、M&Aされた各社について取り上げたい。

『週刊東洋経済 2022年9/17-24合併号』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

定義は少々広めに設定し、会社が買収される場合はもちろん、主柱事業を譲渡した例なども含めている。また会社のM&Aの場合、株式を100%取得する完全子会社化を中心に、連結子会社化されたケースなどを対象にした。

われわれが把握できた全24社の中で、とくに世間の注目を集めた事例は2021年9月に実施されたアメリカのペイパルホールディングスによるPaidy(ペイディ)の買収だろう。3000億円という買収金額は国内ベンチャーで過去最高額。このほかにもグーグルによるpring(プリン)の買収など、海外勢によるM&Aも少しずつ出ている。

国内M&Aにおいても、買い手の顔ぶれはさまざまだ。表の冒頭、同業のユニバーサルビューを買収したコンタクトレンズメーカーのシードを始め、食品メーカー、電子部品メーカー、出版社などが並ぶ。

一口にM&Aと言っても、両者の足りないパーツを埋め合うもの、ひとえに規模拡大を目的とするもの、救済型のものなど、目的は多岐にわたる。またリストの中には、買収はされたが「いつかは株式上場したい」と代表が明言している会社もある。

ベンチャーにとって上場がゴールでないのと同様、M&Aも、その後に目的達成に近づいたかどうかが肝心といえるだろう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2022年版
全26社を「時価総額」と「営業損益」でランキング
約400社の企業価値を一覧、5年前との比較も
グーグル、ペイパルなど米国の巨人も買い手に
セブンドリーマーズは2019年に破産手続き開始
パビリオン・キャピタルの日本担当者を直撃
米国で20年ベンチャー投資、WiL伊佐山氏の提言
治療アプリの「キュアアップ」に70億円出資
脱炭素ベンチャー「アスエネ」急伸する3つの秘訣
CO2排出量を可視化、情報整理の負担を7割軽減
「すごいベンチャー100」2022年最新版・全リスト
全社総力取材、これが未来のユニコーンだ!
「テスラ超え」誓う、令和発EVベンチャーの潜在力
将棋AI開発者と自動運転のプロがタッグで起業
「過酷な検品」を変える産総研ベンチャーの新境地
AIの難点を克服し「不良品サンプル」なしで実現
アパレル店員の「賃上げベンチャー」が生む次の波
自己資金だけで流通総額1380億円に到達の異例
「エンタメ企業をWeb3化」ガウディが生み出す熱狂
バンナムやサンリオも頼る「NFT活用の伝道師」
「南場氏の大叱責」で奮起したYOUTRUSTの針路
転職活動を「呼吸くらい自然に」、人材SNSの挑戦
「脳ドック」をITで価格破壊、楽天役員OBの目算
「MRIシェアリング」ベンチャーが医療を変える
新星「Web3」「ESG」ベンチャーが放つ異色存在感
Gaudiy、アスエネ、テイラー…注目業界の25社
ファンの熱量高める場を構築
排出量把握の負担を軽減
サブスク店の予約・決済管理
データで選手の技術向上支援
ブロックチェーンゲーム開発
企業のメタバース構築を支援
独自運営のブロックチェーン
NFT化でデータに価値を
モバイルアプリなどの開発
「パブリックチェーン」の開発
CO2可視化で「標準」狙う
再エネの収支を一括管理
独自の統計手法で透明性確保
ESG経営をクラウドで支援
小型水処理プラントを販売
戦略的プライシングの実行支援
AI活用による店舗支援SaaS
CFO向け経営管理クラウド
ERPシステム構築の効率化
紙の郵便物をクラウド保管
スポーツファンのための賭博
サッカー選手への道を平等に
スポーツを通じて分析力向上
CO2排出量集計を効率化
太陽光を初期費用無料で
完全自動運転車開発の新鋭
検品作業の自動化ソフト
企業向けのセキュリティ訓練
脳ドックをITで価格破壊
エネルギー密度高い電池開発
AIが安全運転をサポート
市販向け垂直離着陸機を開発
「空飛ぶクルマ」を開発
船舶の自律航行技術を開発
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内