有料会員限定

「日立に負けず劣らず」東芝12万人社員の懐事情 実は日立の平均年収に東芝が追いついてきた

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16
印刷
A
A

企業業績が近年安定してきた東芝。社員の給与もしかりだ。

オフィス街のビジネスマン
上場企業の平均年間給与は605万円。東芝の給与水準は悪くない。写真と本文は直接関係ありません(撮影:今井康一)

特集「東芝の末路」の他の記事を読む

年間報酬が1億円を超えた東芝役員は2021年度で13人――。役員報酬でいわゆる「1億円プレーヤー」となった取締役や執行役の数は、2020年度の1人から一気に増えた。東芝の株価の上昇が業績連動部分に反映されたとはいえ、18人の日立製作所と遜色ないことに驚きだ。

東芝の綱川智前社長と日立の東原敏昭会長の報酬はともに約5億円だが、綱川氏が1500万円ほど上回る。2022年3月から東芝トップとなった島田太郎社長も、2月まで社長を務めていた東芝デジタルソリューションズの報酬だけで1億円。これに東芝執行役としての報酬を足した1.9億円は、日立の副社長クラスと肩を並べる。

実は社員の給与も日立に負けず劣らず。東芝社員の平均年収は892万円で、日立の896万円との差はわずか。平均年齢や残業時間の差を考慮する必要はありそうだが、この3年で日立の平均年収に東芝が追いついてきた格好だ。

次ページ役割給に「業績加算」と「個人加算」が上乗せ
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
東芝の末路
4陣営が残り、産業革新投資機構が有利とされるが
野心あふれる島田社長のビジョンは実現するか
経営の混乱には「もう慣れている」との声も
なぜ「非公開化」という選択肢が浮上したのか
混乱の始まりは5年前に行ったファイナンスだった
2021年に続き2年連続で後味の悪さが残る総会に
スポンサーはどんな「そろばん勘定」なのか
暗号通信を守る領域を念頭に事業進出もくろむ
各事業の成長性を「優」「良」「可」「不可」で採点
買収された先で安定した利益成長を続ける事例も
島田太郎社長「あとは株主の選択を待つ」
期待を寄せる新卒者採用にも異常の兆しがある
実は日立の平均年収に東芝が追いついてきた
多くの社員が「株高」の恩恵を受けている可能性も
日立と時価総額では約4兆円もの差がついている
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内