東芝の舵を取る新社長「島田太郎」とは何者なのか 経営を託された「外様社長」に問われる実行力

拡大
縮小
インタビューに答える東芝の島田太郎社長
東芝の島田太郎社長を語るうえで欠かせない言葉がある(撮影:梅谷秀司)

「彼はビジョナリストなので、先の展開を考えるのが大好き」(ある東芝幹部)。

その彼、東芝の島田太郎社長を語るうえで欠かせない言葉が「ビジョン」だ。島田社長の口からも「私はビジョナリーな人間」といった表現が飛び出す。これは「先見性のある人間」とでもいえばいいのだろうか。

実際、その視線は未来へと向けられている。

東芝のデータ戦略を尋ねると、「僕がやろうとしているのは、『ウェブ3.0』を現実の世界に持ち込むこと。それが人類のためになると思うから」と真剣に語る。

「東芝の改革は、遠雷のごときであります」

ウェブ3.0といえば、グーグルなどの巨大IT企業にデータが集約・支配されず、個人が直接データを取引する世界観だ。その新潮流を東芝の事業に早速落とし込もうと思考を巡らす。

週刊東洋経済 2022年8/27号[雑誌](東芝の末路)
『週刊東洋経済』8月27号(8月21日発売)の特集は「東芝の末路」です。島田太郎社長への直撃インタビューも掲載しています。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

その結果、プレゼン資料などで出てくるのは、量子技術の実用化を視野に入れた「QX(クオンタムトランスフォーメーション)」など、一般人の頭を悩ます新語だ。

一方で社員向けのメッセージを見ると詩的な表現も用いる。

「私からすると、東芝の改革は、遠雷のごときであります。遠くでゴロゴロと鳴っているが、自分には関係のないことだと、普段の仕事をしている。これでは、本当の改革は達成できないのであります」

そのような島田社長は1966年生まれの55歳。1990年に甲南大学理工学部を卒業し、新明和工業に入社する。入社後の約10年は航空機の設計業務に携わった。

この間、米ボーイング社や米マクドネル・ダグラス社といった海外航空機メーカーへの出向も経験。当時は「余裕で月200時間くらい残業していて、家内には私は独りぼっちだとよく怒られていた」(島田社長)という。

次ページ社員との距離感が近い顔の見える社長
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT