内定競争倍率「高い50社、低い50社」はどこか

明治の競争倍率は2750倍!食品や化学が高い

ほかには、化学メーカーが高い。中でも帝人(10位、303倍)やクラレ(18位、250倍)、東レ(25位、213倍)などの繊維系の存在が光る。テレビCMなどによる露出の高さも、応募者を集めた要因のひとつと考えてよさそうだ。

マスコミも学生人気の高い業種だ。テレビ局からは、東海テレビ放送(28位、192倍)と讀賣テレビ放送(32位、181倍で技術系含む)の2社がランクインした。ちなみに、キー局5社は、集計対象外(算出不可4社・回答拒否1社)のため名前は見当たらないが、実際の倍率は相当なものだろうといわれる。

続いて、低倍率ランキングを見ていこう。

次ページ続いて低倍率50社!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。