「ピケティ」は人口減少の日本で成り立つのか

年5%の「不労所得」はそう簡単じゃない

ピケティはここで、バルザックやオースティンの小説を盛んに引用して、19世紀の社会がどんな風であったかを描き出している。そんなの、普通の日本人が読んでるわけないだろ!ということで、ここはシャーロック・ホームズを引き合いに出してみよう。

金持ちが投資家として生き続けるのはハードルが高い

19世紀末の英国において、人気月刊誌「ストランドマガジン」を飾ったあの小説群は、全体の半分ぐらいを「遺産相続」ネタが占めている。
ほら、『まだらの紐』も『赤毛組合』も、犯人の動機が遺産狙いだったり、奇怪な遺言書が出てきたり、そういうのばっかりでしょ?当時の読者が、いかに相続を日常的に気にしていたかがわかるじゃありませんか。

ピケティの試算によれば、19世紀の欧州では国民所得の4分の1くらいを相続による所得が占めていた。その場合、資本ストックのほとんどが相続に由来していたことになる。それじゃあ個人が努力して自前で得る今の稼ぎよりも、親や親族から受け継ぐ古い財産の方が重きをなすことになる。嫌な世の中ですなあ。

思えば20世紀初頭の日本を描いた夏目漱石の作品でも、『それから』の代助は親がかりで暮らす「高等遊民」だったし、『こころ』の「先生」も仕事をせずに親の遺産で生活していた。日本もほんの100年前までは、g(勤労所得)ではなくr(不労所得)で生きている階層が立派にあったのだ。

これからの日本社会も、再びそういう時代に戻るのだろうか。「低成長で戦争がない時代」は今後も当分は続くだろう。われわれは腰を据えて、r>gの世界に直面していかなければならない。さて、投資家としてはどうしたらいいものか。

ピケティによれば、rはどの時代においても「概ね5%」だという。それは今の日本経済においては、望外の数値目標というものだ。金利はほぼゼロだし、投資信託は碌でもないのばっかりだし、対外投資は為替リスクがあり、不動産には「空き家リスク」がある。人口減少社会においては、rを高く維持するのは大変なことなのである。

こういう点において、日本はまことに課題先進国ということになる。格差を嘆くのもいいけれど、金持ちが投資家として生き続けるのも、結構ハードルが高いんじゃないだろうか……?

次ページさて競馬。今年最初の「G1」。万馬券がとれそうな予感!?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。