犬の5倍「殺処分される猫の6割は子猫」という悲劇 「野良猫に餌やり」は必ずしも美徳とは限らない

拡大
縮小
猫の殺処分は犬と比べて約5倍。なぜ猫のほうが多いのでしょうか(写真:maron/PIXTA)

令和2年(2020年)度(令和2年4月1日~令和3年3月31日)に全国の保健所などで殺処分された犬猫は、昭和49年以降で最小の2万3764匹だったと環境省が公表しています。

その内訳は、犬が4059匹、猫が1万9705匹です。殺処分は10年前と比べると10分の1に減りましたが、猫の殺処分は犬と比べて約5倍になっています。引き取り数は猫のほうが多いのですが、犬の5倍というわけではありません。なぜ、猫の殺処分はこれほど多いのでしょうか。

全国の犬・猫の引取り数の推移
全国の犬・猫の殺処分数の推移(出典は同上)

殺処分が急激に減少した経緯

全国の自治体で引き取られる犬や猫は、平成23年度には22万匹を超していて、その80%程度(約17万5000匹)が殺処分されていました。

引き取られる理由は、「繁殖を引退したから」「売り物にならないから」など、動物取扱業者の無責任と思えるケースだけでなく、「鳴き声がうるさい」「飼育が大変」など、飼い主の身勝手と思えるケースや、飼い主が犬や猫を無計画に繁殖をさせてしまった末に、引き取りを求めるケースが多くありました。

次ページ殺処分がなくなることを目指す
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT