年間5億本!ガリガリ君に学ぶ"ATM戦略"

非凡な現場は「明るく・楽しく・前向き」

看板商品を任される喜びが、現場を「明るく」する

赤城乳業のように、現場に「明るく、楽しく、前向き」な空気を生み出す最大のポイントは、「20代に大きな仕事を任せる」ことです。

入社してまだ日が浅い20代社員ほど、「大きなことをやってやろう」と目を輝かせているものです。彼ら彼女らは大きな仕事を任されると、「やりがい」を感じ、いきいきと仕事に取り組みます。

その結果、現場の空気が「明るく」なり、さまざまな仕事に「楽しく」「前向き」に取り組む姿勢が生まれます。実際、赤城乳業では、商品開発に配属された新人の大半が、看板商品である「ガリガリ君」を担当します。

もちろん、大きな仕事を任されるということは、大きな困難とプレッシャーにさらされることでもあります。

「ガリガリ君」には30年を超える歴史があり、すでに数十種類のフレーバーも商品化されています。新人担当者は、新たなフレーバーを簡単には見つけられずに焦り、人気商品の開発というプレッシャーに苦しみます。

「仕事のやりがい」と「難しさ」と「プレッシャー」。その3つの要素を感じながら考え悩む中で、20代は「明るく」たくましく成長していくわけです。

課題の解決も「楽しめる空気」を生みやすい

コーンポタージュ味の「ガリガリ君」。2年前に発売され、大ヒット商品に。

20代に大きな仕事を任せる際に重要になるのは、少し年上の先輩や直属の上司に「チャレンジを面白がって評価する」空気があるかどうかです。それが、現場を「明るく、元気に、前向きに」する、もうひとつのポイントになります。

コーンポタージュ味のガリガリ君を開発した担当者も、多くの課題に直面しましたが、「こんな変なことを考えやがって」と言いながらも、面白がって協力してくれる同世代の製造担当者が現場にいました。

同じく当時20代の技術部の社員が、関係者に頭を下げて回り、試作段階では本来、使えないはずの主力製造ラインを借りて、2人で試行錯誤を繰り返したのです。

その背景には、「普通のことをやっていたら、ウチの会社らしくない」と、失敗を恐れずに決断できる社長の存在も大きかったと言えます。

「チャレンジや苦労を楽しめる、前向きにとらえる空気」を先輩や上司がいかに作れるか、そこが大きな分かれ目になります。

次ページ若手は「放ったらかし」で育てる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT