会社を辞め、カレー屋開き「15年」続けられた理由 人気が出ても「店は増やすことは考えていない」

印刷
A
A
脱サラ後、東京・新宿にスパイスカレー店「草枕」を開業した馬屋原亨史さん(撮影:今井康一)
この記事の画像を見る(8枚)
参入しやすいものの、生き残りは厳しい飲食業。日本政策金融公庫総合研究所が発表している「新規開業パネル調査」でも、「飲食店、宿泊業」は業種別で最多の廃業率となっている。それゆえ「脱サラして飲食」という選択は安易に薦められないものの、中には夢をかなえ、自分の店を守り続けている人もいる。

そこで「脱会社員の選択」連載第7回は脱サラ後、東京・新宿にスパイスカレー店を開業し、15年になる馬屋原亨史さん(44)に、安定した生活を手放して趣味だったカレー作りを仕事にしたきっかけや、店を続けていく難しさ、さらには人が集う場を作れた喜びなどについて聞いた。

スパイスカレーの奥深さに魅せられて

馬屋原さんがカレーに目覚めたのは、北海道大学での寮生活時代。入寮した「恵迪(けいてき)寮」は、全国でも数少ない自治寮として知られる。寮では部屋ごとに趣旨を掲げて活動する伝統があり、その中でカレーを追求する部屋もあった。

この連載の一覧はこちら

馬屋原さんは仲間らと自炊生活を送る中で、ルーを使わず、スパイスを配合して作るカレーの奥深さに触れ、店を食べ歩いては研究を尽くした。

「本当においしいものって、脳みそにくるんです。スパイスの配合、スープの取り方ひとつで味がガラッと変わるので、狙った味ができたときの面白さがたまらなかった」

ついには「カレー部」なるものの部長に就任し、毎日作り、食べすぎて、身体を壊したこともある。それでもとにかく夢中で、ひたすら楽しく、中東へ3カ月、貧乏旅行もしてスパイス料理の奥深さにのめり込んだ。

しかし、カレーはあくまで趣味。工学部を卒業したあとは制御・計測機器メーカーに就職し、北海道を離れた。会社は、育児と両立して働く女性社員もいるなど長く働ける環境。待遇も十分で、不満はなかった。

次ページ転機はふいに訪れた
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT