会社を辞め、カレー屋開き「15年」続けられた理由 人気が出ても「店は増やすことは考えていない」

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7
印刷
A
A

これまでの経験上、飲食業は「お金のためならやめたほうがいい」と痛感している。

「調理はもちろん、経理、マーケティング、デザイン、従業員のマネジメントなど、求められる能力が多岐にわたるし、体力も要る。自分でできないことは外注すれば良いのだけれど、コストがかかりますから。そのうえ物価高に人件費の増加、社会保険の増額や感染症の影響もあって、リスクを上げたらキリはなく、想像以上にシビアな仕事です」

自身は貯金をもとに「ダメだったらやり直せばいい」という気概で飲食業に飛び込み、幸いにも店を続けてこられた。

だが「もし借金していたら、店がダメになって会社員に戻っても返済は厳しかったと思います。例えば300万円を毎月5万円ずつ返済するなら単純計算で5年。その5年は自由が利かないわけですから、借金はやっぱり重い。借金して、もしくは退職金を注ぎ込んで飲食業を始めるのはおすすめしません」。

すりおろした玉ねぎをたっぷり時間をかけて熱してベースを作る(撮影:今井康一)

一方で「お金を抜きにしたら、飲食は非常に良い仕事」だとも感じている。「特定の顧客に依存しないので精神衛生上とても楽。後発参入でもハンディなし、経営規模が小さくても問題なし。ニーズにマッチする商品やサービスを提供できれば、個人店でも十分に生き残っていける希少な業種だと思います」。

あの日の夢は確かにかなった

働く原動力を思うと、少なからず大学時代に原点があるのではないかと感じている。

大学の寮を出て札幌を離れる日、仲間たちが何十人と集まって見送ってくれた。そのときは寮で得られた“濃い”人間関係に感謝しつつ、これからの人生でいつの日か、同じようにたくさんの人が集う場を作れたら、どれほどうれしいだろうと思った。

人と人とのつながりを何より大事に思えるのは、寮生活の影響が大きいという(撮影:今井康一)

人生の後半戦を思うと、また何かしら新しく「飛び立つ」日も来るだろう。でも、やっぱりカレー屋は自分がやりたくて始めた仕事。常連さん、新しいお客さん、楽しく働いてくれる従業員、「おいしかった」や「ありがとう」の一言。それらはすべて、会社員をやめるときに自分が求めたものの延長線にある。

何より、あの日、札幌を離れながら、遠い未来に思い描いた「人が集う場」を、確かに今、作ることができている。「やっぱり人が集まって ある程度よく回っている場って、良いことが起きますよね」。スパイスカレーの奥深さと、人とのつながり。それが今も、昔も、変わらない、馬屋原さんの生きるエネルギーだ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT