井村屋が「アンナミラーズ」の閉店を決めた経緯 長く愛された一方で抱えていた課題

印刷
A
A
8月31日に閉店することが決まったアンナミラーズの高輪店には連日行列ができている(写真:編集部撮影)
この記事の画像を見る(5枚)

井村屋が8月31日でアンナミラーズ高輪店を閉店すると突然発表してから1カ月。今も店舗には閉店を惜しむ客が行列を作っており、2019年には1993年のピーク時の平均2店分の売り上げを誇っていた高輪店の売り上げは、一気に同店のピーク時並みに跳ね上がった。1996年に始めたオンラインショップも大盛況だ。

1973年の青山1号店開業以来、首都圏の都心部を中心に展開してきたローカルチェーンにもかかわらず、これほどの大反響があることに、井村屋側も驚いている。同社経営戦略室の尾崎弘二氏は、「すごく惜しんでくださっていることに対しては、感謝しかないです。当社としても、次の一手を考えないといけないなと思います」と話す。

アンナミラーズはなぜ、一時代を築くほど人気が高くなり、しかし、ついにリアル店舗が消えることになってしまうのか。井村屋の動きと時代背景から考えてみたい。

アンミラ創業者「ホームランショップになる」

閉店の直接的なきっかけは、品川駅西口の再開発に伴い、国土交通省から移転を要請されたことだ。高輪店の営業自体は、客層が幅広かったこともあり、「安定していた」(尾崎氏)。しかし、「適当な移転先が見つからない」ことから、閉店を決めた。

「非日常感」を演出する女性店員のユニフォームも人気が高かった(写真:井村屋提供)

実際、品川駅からすぐの立地の良さは、1983年の同店開業前に視察に来た本家アメリカのアンナミラーズ創業者、スタンレー・ミラー氏が「この店はホームランショップになる」と予言したほどだった。

高輪店の一番人気は、バナナチョコレートパイで660円。同店では12種類の常時販売するパイ・ケーキに加え、6月13日から順次復刻パイを1種類販売している。現在は、復刻レモンパイを販売中だ。

次ページ井村屋社長がアメリカ視察で「今後の成長性を感じた」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT