仲野太賀「縁や運に救われて人生を切り開いた」 「俳優道」を進む彼が実践する「とにかく動く」

拡大
縮小
インタビューに応じた仲野太賀(撮影:長田慶)

 “運と縁の力で人生を切り開いた”と感じる瞬間を俳優として活躍する、仲野太賀にたずねてみた。

「ほんと、振り返ってみると縁や運に救われて、引き寄せられてばかりの人生だったなと思います。まず、人生で初めて行ったオーディションの扉を開けた目の前にいたのが、染谷将太なんです。そこから、今思えば全てが始まってたのかな」

仲野太賀は、俳優・中野英雄の次男として生まれ、2006年、13歳のときにデビューし「映画俳優」を目指した。自他共に認める苦労人タイプの俳優として、世間に認められるまで多くの月日を過ごした。それでも、下積み時代に培った表現力で俳優として様々な話題作に出演し、人情味溢れる演技で存在感を発揮した。映画『すばらしき世界』では、第45回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞する。

菅田将暉、神木隆之介、有村架純、吉岡里帆らとともに、「黄金世代」と呼ばれる1993年生まれの実力者たちの一角を担っている。

仲野太賀が主演を務める『拾われた男』

そんな仲野太賀が主演を務めるのが、『拾われた男』だ。今作は、ウォルト・ディズニー・ジャパンとNHKエンタープライズの共同制作で、ディズニープラス向けのコンテンツとして世界配信(毎週日曜夜11時)されている。

ドラマ『拾われた男』 (C)2022 Disney & NHK Enterprises, Inc
次ページ『拾われた男』はどんな物語なのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT