仲野太賀「縁や運に救われて人生を切り開いた」 「俳優道」を進む彼が実践する「とにかく動く」

拡大
縮小

「たくさん学ぶことがありましたね。海外の撮影スタイルもそうですし。今回、英語でお芝居させてもらったんですけど、自分の芝居を見て、日本人のスタッフも、アメリカ人のスタッフも、どっちも笑ってくれる状況がありました。それがすごくうれしかったんですよね。

(撮影:長田慶)

言語が違うだけで、芝居の何かを変えているわけではないから、共通して伝わるものがあるって、それがわかったときは、自分の中で、英語でお芝居にもっと挑戦したいなと思いました。

アメリカ在住の日本人スタッフの方がたくさんいて、そういう人たちの話を聞いて、もっと、世界を広げたいなと。そういう人たちに触れたことで、とても刺激を受けましたね」

仲野太賀は、『拾われた男』という、他人に “拾われ”続けることで、夢も恋もつかんでいく主人公の松戸諭を演じながら、異国の地で俳優として“新たな夢”を拾ったのだった。

(文中敬称略)

池田 鉄平 ライター・編集者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

いけだ てっぺい / Teppei Ikeda

Jリーグ、国内、外資系のスポーツメーカー勤務を経て、ウェブメディアを中心に活動。音楽一家で育ち、アーティストとしてインディーズでアルバムリリースも経験。スポーツ、音楽、エンタメを中心に取材活動を行っている。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT