高校生兄弟をマレーシアに送った理由

ミャンマー人と日本人の夫婦に聞く

山田さん親子

「もともとマレーシアは滞在した経験があり知っていました。ミャンマーと雰囲気が似ていますが、電気などのインフラはより整っています。社長のお子さんと同じ学校を見学したところ、その学校が気に入って、すぐに決めました」

もっとも、湧太さん自身は当初あまり乗り気ではなかったという。

「父に言われて来たけれど、正直、マレーシアの最初の印象はよくなかったです。しかし、翻って考えたときに、日本の高校でこれがやりたい、というのが特になかった。マレーシアに来れば、いろいろな可能性があるかなと思い、決断しました」

奥さんの美紀さんが言う。「もともと、湧太は日本の勉強方法でやる気が出るタイプではなかったので、海外の教育が向いているだろうと思っていました。それからマレーシアに来てみると、人の行動などがミャンマーと似ているのでなじみやすいなと。道でぶつかったら、ごめん、と謝ればよい。日本のように、ぶつかるのをあらかじめ避けたりしないんです(笑)」

英語クラスで猛特訓

2014年1月に同じインターナショナルスクールに入学し、寮に入った。当初は英語を特訓するクラスに入る。「英語は得意科目でしたが、レベル、スピードが違いました」。

学校で人数が多いのは韓国人だが、ほかにも中国人、アフリカ人、トルコ人、中東系、マレーシア人など、さまざまな国籍の学生がいた。ルームメートの米国生まれの韓国人と仲良くなっていくうちに、英語には2カ月程度で慣れ、2014年8月には通常クラスに上がる。ここから、IBの授業が本格的になった。

次ページ授業の様子は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT