マリエ、日本を離れて「環境問題」に向き合うまで 自分を大切にするプロセスの中で変わった意識

印刷
A
A

NYで自分を見つめなおすうちに

マリエ: やっぱりNYにいたときくらいからかな。あのころは心身ともに疲れ果てていて、夜も眠れないような日々だったんだけど、NYで自分を見つめなおすうちに元気を取り戻して……自分の体と心を慈しもう、大切にしようと思ってまずは食生活を変えたんです。無農薬や自然農法で作られた食材を選ぶうちに、環境や自然も気になるようになって。最初から「環境問題に取り組もう!」と目的意識を持っていたわけではなく、自分を大切にするプロセスの中で、自然に意識が変わっていった感じなの。

註4:徳島県上勝町は「ゼロ・ウェイスト」に取り組んでいる自治体。未来のコミュニティーとして注目を集めている。

マリエさんはパートナーとの間に子どもを身ごもり、今年出産予定だそう(写真:吉澤健太)

後閑:たしかにNYで初めて会ったときより、マリエはすごくヘルシーで元気な印象。とくに……(ちょっとお腹へ目をやって)、もしかして?

マリエ: そうなの(笑)。

後閑: おめでとう! 乾杯したい気分だね。今は飲めないでしょうけど(笑)。

マリエ: ありがとう! この先、メキシコで暮らしたいと思ってるから、次の乾杯はメキシコかな。信吾さん、メキシコまで来ておいしいカクテル、作ってくれますか?

後閑: よろこんで! メキシコならメスカル*⁵かな。みんなで乾杯できる日をまた楽しみにしています!

註5:リュウゼツランを主原料とするメキシコ特産蒸留酒。

(文/秋山 都 写真/吉澤健太)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT