残念な人の「ツイッターの使い方」よくある4大NG 「使う人」「見ている人」は要注意!あなたはOK?

印刷
A
A
情報が流れる巨大なインフラと化したSNSですが、残念な使い方をしていませんか?(写真:metamorworks/PIXTA)
テクノロジー、政治、経済、社会、ライフスタイルなど幅広い分野の情報を発信し、日本のインターネット論壇で注目を集める佐々木俊尚氏。
「ノマドワーキング」「キュレーション」などの言葉を広めたことでも知られ、2006年には国内の著名なブロガーを選出する「アルファブロガー・アワード」も受賞している。
その佐々木氏が、このたび、『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全』を上梓した。
「ネット記事」「SNS」「書籍」などから、「読むべき」記事をいかに収集し、情報を整理し、発信していくか、自身が日々実践している「新しい時代の読み方」の全ノウハウを初めて公開した1冊で、発売後たちまち4万部を超えるベストセラーになっている。
そんな佐々木氏が「残念な人の『ツイッターの使い方』よくある4大NG」について解説する。

ツイッターで「魔界」に堕ちる人が気づかない過ち

ツイッターを始めた当初はまっとうで専門的な知見を発信していた人が、試しにちょっと過激なことを口走ってみると、いきなりリツイートや「いいね」が増えることがある。するとリツイートの数が気になり、増やすためにだんだんツイートの内容が過激になっていく。

『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全: 脳が超スピード化し、しかもクリエイティブに動き出す!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

いい気になって過激な発言を繰り返していると、リツイートが増えるだけでなく、フォロワーも増えていく。気をよくして、ますます過激なことを言うようになる。

自分は「ネット有名人」になったと舞い上がり、社会から認知されていると勘違いしてしまうのだ。これが「魔界」の入り口である

気がつけば、たしかにフォロワー数は多くネットで知られるようになったが、良識的な人たちからは眉をひそめられ、そういう人たちからはフォローを外されている。しかし、本人はそんなことにはまったく気づかないことも多い。

テレビでもネットでも、こういう「魔界」はいたるところで口を開けている。わたしは長い期間にわたってメディアやインターネットの世界で仕事をしてきているが、そうやって「魔界」に足を踏み入れたまま押し流されて、どこかに行ってしまった人をたくさん見てきた。

短期的にはそれでも有名になれるから本人はいいかもしれないが、長期的にみて得をすることはないのだ。

そこで今回は、「『残念な人のツイッターの使い方』よくある4つのNG」についてお伝えしたい。

次ページツイッターで「分断」が起こる?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT