残念な人の「ツイッターの使い方」よくある4大NG 「使う人」「見ている人」は要注意!あなたはOK?

印刷
A
A

1つめは、ツイッターの「分断の世界からは脱出したほうがいい」ということである。「嘘」や「デマ」はとにかくスルーすることだ。

【1】あなたは「分断」の世界に囲まれていないか

ツイッターを見ていると、21世紀の社会は情報でさえも「分断」されてしまっていると本当にそう感じる。とくに政治や社会、経済などの判断が難しい分野においては顕著であると感じる。

日本では、時の政権をひたすら「攻撃」している人と、ひたすら「擁護」している人たちの2つに「分断」され、毎日無限に続くドッジボールみたいに球をぶつけ合っている

SNSを通してますます「分断」が進み、分断されている同士では「見えている光景」がまったく違うものになってしまう。

もはや事実かどうかなどどうでもよく、自分の政治信条に沿っていれば何でも信じてしまう。そういう人が本当にSNSでも増えている。

そういう人にいくら反論しても、たいてい「黙殺」されるか、逆に「罵倒」されたりするだけだ。こういう世界からは、早々に脱出しなければならない。

「オルタナティブ・ファクト」は日本のSNSにも多い

「オルタナティブ・ファクト」というのは「もうひとつの真実」という意味だ。2017年のアメリカのトランプ大統領就任式で有名になった。報道官の嘘をしれっと「もうひとつの事実」として伝えたことから広まったのだが、そこから「嘘も方便」のように事実を捻じ曲げてでも広めるニセニュースのことを「オルタナティブ・ファクト」と呼ぶようになった。

この「オルタナティブ・ファクト」は、日本のSNSでもそこらじゅうに広まっている。「なんでそんな嘘を信じるの?」というような話がたくさんシェアされ、無数に「いいね」され、拡散しているのを日常的に目にする。

「ポスト・トゥルース」は、直訳すると「真実以後」だ。『オックスフォード英語辞典』の編集部が2016年の「今年の言葉」に選んだことで有名になった。

編集部によると、定義は「世論を形成する際に、『客観的な事実』よりも、むしろ『感情や個人的信条へのアピール』のほうがより影響力があるような状況」だそうだ。

次ページ「フォロワー数」にだまされない!
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT