世界が熱視線、日本のシティポップに見る恋愛観 ユーミン、大滝詠一etc.80年代音楽がいま新鮮

印刷
A
A
ユーミン、大滝詠一、竹内まりやetc. 大人の男女の恋愛観を、シティポップから読み解いた(写真:OCEANS編集部)

今、世界中で注目されている日本のシティポップ

山下達郎、竹内まりや、大滝詠一、杏里……こういったアーティストの名前を見て、諸兄は懐かしいと思うだろうか。もしくはまったく聴いたこともないという世代もいるかもしれない。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

今、こういった1970〜1980年代に作られた「シティポップ」と呼ばれている日本の音楽が、世界中で注目されている。

シティポップとは、フォークや歌謡曲が全盛だった当時、洋楽に影響を受けて作られたポップスのことで、それが逆に今、アメリカやアジアで新鮮な音楽として受け入れられているのが面白い。

YouTubeや音楽ストリーミングサービスを通じて世界中で再生され、欧米の大物アーティストたちが日本の楽曲を引用して新たなヒット曲を生み出している。

全米2位の大ヒットを記録したThe Weekndのアルバム『Dawn FM』(2022年)に収録された「Out of Time」は、亜蘭知子が1983年に発表した「Midnight Pretenders」をサンプリングした曲だ。

『「シティポップの基本」がこの100枚でわかる!』の著書、栗本斉さんによると、「シティポップの名曲が今になって受け入れられている理由は、メロディーやアレンジはさまざまだが、主にサウンド面について語られることが多い。しかし、シティポップは歌詞の世界観も特徴的。都会やリゾートを舞台に展開される大人の恋は、当時の若者にとって憧れの世界でもあった」とその魅力を話す。

そこで今回は栗本さんに、シティポップの人気曲から当時の恋愛観を読み解いてもらった。

次ページシティポップの人気曲に見る男女の恋愛観
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT