「一重の子が生まれたら…」整形女子の婚活不安 「相手に自分の全部を曝すべきか」問題を考える

印刷
A
A
美容整形や薬の服用、過去に起こした問題などは、婚活相手に打ち明けたほうがいいのでしょうか(写真:maruco/PIXTA)
人にはいろいろな歴史がある。華々しく人に誇れる白歴史もあれば、人には知られたくない黒歴史もあるだろう。結婚相手には全信頼を寄せているからこそ、将来の伴侶に選んでいるはず。しかし、過去の自分をすべて正直に打ち明けることが、正解なのだろうか。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「過去のすべてを打ち明けるのが正解か否か」について、いくつかの事例とともに考えていきたい。

たかおみ(48歳、仮名)は、ゆみ(47歳、仮名)と真剣交際に入って、3カ月が経った。いよいよプロポーズが見えてきたのだが、「その前に、ちょっとご相談があります」と、連絡をよこした。

この連載の一覧はこちら

面談ルームにやってきた、たかおみは言った。「今回は失敗したくないんです。薬を飲み続けていることを、言わないといけないでしょうか?」。

たかおみは、40歳を過ぎた頃に会社の部署異動があり、そこでの人間関係がうまくいかなくて、体調を崩したことがあった。病院で“うつ病“と診断され、休職を余儀なくされた。通院を始めてからは体調も回復し、2カ月後には会社にも復職できたのだが、今でも定期的に通院し、薬を処方してもらっている。

「薬を飲んでいる」と告げると交際終了

たかおみは上場企業に勤めていて、年収が1000万円近くあった。お見合い市場にいがちな40代後半や50代、60代になっても ”子どもが欲しい“と願う男性たちとは異なり、子どもは望んではいなかった。同世代や年上女性とも会っていたので、お見合いはスムーズに組めていた。

活動して1年になるが、これまでも数人の女性と真剣交際に進んでいる。しかし、「うつ病になり、休職経験があって今も薬を服用している」ということを告げると、女性側から決まって交際終了がきていた。そこで、今回は同じ轍を踏みたくないのだろう。

次ページ病歴を打ち明けるかは人それぞれ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT