「一重の子が生まれたら…」整形女子の婚活不安 「相手に自分の全部を曝すべきか」問題を考える

印刷
A
A

よしえ(46歳、仮名)が入会面談にやってきた。バツイチの再婚希望者だった。

最初の結婚相手は、40歳のときに派遣先で知り合った2つ年上の同僚男性。しかし、彼はキレやすい人で、つまらないことでキレては、よしえを罵倒し、暴言を吐いていたという。仕事意欲にもムラがあり、休みたいときに仕事を休むので、会社での評価も低かった。結婚生活は1年持たなかったという。

離婚後しばらくは、“結婚は、もう懲り懲り”だと思っていた。しかし、コロナになって、これからの人生をともに歩んでいけるパートナーの大切さを感じて、再婚相手を探そうと婚活を決意した。

夫の犯罪歴をネット記事で知った妻

よしえは、最初の結婚について、こんなことを言った。

「同僚として働いていたときから、短気な性格なのは見えていたんです。でも、優しいところもあった。私が1人でお弁当を食べていると、『飲む?』と給湯室のコーヒーを持ってきてくれたり。結婚してからも、私の人格否定をするような暴言を吐くけれど、冗談を言って2人で笑ったり、楽しい時間もあったんです。せっかく結婚したのだから、楽しい時間を増やすようにして、なんとかうまくやっていこうと思っていたのですが……」

そんなとき、ある過去の事実が明るみに出た。

「弟が、元夫が“小売店強盗をして捕まった”という、過去のネット記事を探してきたんです。現行犯で店員に取り押さえられて、金品を奪うこともなく警察に捕まったので、執行猶予付きの判決だったようです。それを知ったときには、さすがにドン引きしました。

彼に『私に何か隠している過去があるでしょう?』と言ったら、そこでもまたブチギレして、暴れて、部屋の中がメチャクチャになりました。その怒り方が尋常じゃなかった。それまでは、なんとかうまくやれないかと私も頑張っていたのですが、狂ったように暴れている彼を見て、離婚の気持ちが固まりました」

人は、程度の差はあっても、過ちを犯すことがある。過去を反省し、現在真面目に働き、パートナーを大事にしている人もいる。

過去の犯罪歴を結婚するパートナーにいうかどうかは、やはり人それぞれだ。タレントの中には、過去に犯罪に手を染め、逮捕され、罪を償ったあとにテレビ番組や自身のYouTubeチャンネルなどで、その更生した過程を赤裸々に語っている人たちもいる。結婚している人も多いので、彼ら(彼女ら)のパートナーは過去もすべてを受け入れて、人生をともに歩んでいこうとしているのだろう。

過去をすべて語るべきか否か。そこには正解はない。パートナーのどんな過去を聞いても、それを認め、許容できることが愛情なのかもしれない。ただそこまで認め合うには、長い年月を一緒に重ねる時間が必要なのではないか。

出会って、数カ月で結婚を決めてしまう婚活では、パートナーの過去をすんなり受け入れることは、難しいのかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT