チョコ好きの人に教えたい「身体にいい」食べ方 「腸内環境を整えるための食材」とは何か?

拡大
縮小

さらに、ブロッコリーがリーキーガット(腸管透過性亢進)の治療に役立つという証拠もある。ある研究では、ヒトのリーキーガットや大腸炎に似た症状を持つマウスに、ブロッコリーをたっぷり含んだ食事をさせたところ、症状が軽減された。同じ症状のマウスにブロッコリーを食べさせなかった場合、症状は変わらなかった。なぜそんなことが起こったのか?

ブロッコリーや芽キャベツなどのアブラナ科の野菜には、インドロカルバゾール(ICZ)と呼ばれる化合物が含まれている。この化合物は、アリール炭化水素受容体(AhR)と呼ばれる腸内の受容体と結合し、体が毒素に反応するのを助ける役割を果たす。AhRとICZが腸内で結合すると、腸のバリアと免疫システムがともに強化されるのだ。

皮肉なことに、以前はリーキーガットの患者の多くが、医師からブロッコリーや芽キャベツなどの「食物繊維」を避けるよう言われていた。だが実は、こうした野菜は患者の腸を治すのに役立つのだ。リーキーガットやIBSの症状が出ている場合は、下痢や痙攣を起こさないよう、初めて食べるときはドロドロになるまでじっくり煮込むか、圧力鍋を使うといい。

キノコがいい理由

キノコ類

キノコ類の健康効果は古くから知られている。だが長寿研究の仲間が、キノコ類に豊富に含まれる2つの重要な抗加齢に効く物質、エルゴチオネインとグルタチオンを初めて特定した。キノコ類はこの2つの抗酸化物質を最も多く含む食品であり、フリーラジカルから体を守り、若さを保つのに役立つ。

キノコを調べた結果、ポリフェノール含有量はポルチーニが圧倒的に高かった。第2位は、人気の高いホワイトマッシュルーム。キノコ類には多糖類がたっぷり含まれる。多糖類は微生物叢を養い、免疫系に「落ち着くように」と指示を出してくれる。キノコ類が免疫力を高めるというのは、これが理由だ。

そして何よりも、熱を加えてもキノコに含まれる大事なポリフェノールに影響はない。だから炒め物やソテーにして、アンチエイジング効果のある野菜の付け合わせとして食べよう。

だが、キノコを食生活に取り入れる本当の理由は、ポリアミンが豊富に含まれていることだ。ポリアミンは長寿を促進する化合物で、百寿者はよくこれを摂っている。

私のお気に入りのポリアミンはスペルミジンで、これは精液に含まれることから名付けられた。研究によると、スペルミジンは寿命を延ばし、心臓を保護する働きがあるという。キノコ類はスペルミジンの優れた摂取源のひとつだ。

次ページ低糖質の果物
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT