「すぐキレる子」の脳にスマホが与えた深刻な影響 ジョブスが子どもをデジタルから遠ざけた真相

印刷
A
A

幼少期にスクリーンに接していることが、言語や読み書きの遅れと関連しているという事実を踏まえれば、脳が耐えられるようになるまでスクリーンに触れさせないことは、重要かつ長期的なメリットがあると考えられる。テクノロジーの導入を遅らせることが賢明だと考えるのは、私だけではない。

たとえば、自然な教育方法で有名なウォルドルフスクールのような一流の私立学校では、6年生になるまでコンピュータトレーニングを導入していない。

アップルCEOは子どもからデジタルを遠ざけた

興味深いことに、シリコンバレーのハイテク企業のCEOや幹部の多くは、わが子については、ウォルドルフスクールをはじめとするローテクの「自然教育」を好んでいるのだ。

スティーブ・ジョブズは、自分の子どもがデジタル機器に触れることを厳しく制限したと言われており、他の多くの企業幹部や裕福なベンチャーキャピタリストも同様である。

テクノロジーや金融の世界でトップに立つ人たちが、最高のリソースを手に入れることができる立場にあるにもかかわらず、わが子にテクノロジーを導入するのを遅らせたいと考えているとしたら、それはいったい何を意味するのだろうか?

子どものデジタル脳 完全回復プログラム
『子どものデジタル脳 完全回復プログラム』(飛鳥新社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

わが子が「取り残される」心配をしている人に、忘れないでほしいことがある。それは「害を与えないのが最優先」ということ。

デジタル機器に触れることが成長期の脳に与えるリスクと、わが子がテクノロジーの進歩に遅れを取っていないという安心感とを、慎重に比べる必要がある。「みんなに遅れを取らない」ことは、どこまで重要だろうか?
断言しよう。

「取り残される」のは、「集中力のない子ども」である。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT