日本で繰り返すドーナツ人気「3つの大きな節目」 日本のドーナツの歴史を変えたのはミスド

印刷
A
A

三度目となる今回のブームは、人気のパン屋が販売するなど、ブリオッシュの発酵生地を使ったドーナツが目立つ。ふわふわの食感は、スフレタイプのチーズケーキやスポンジケーキ、コッペパンなどが代表する日本人好みだったことも、人気の要因と言える。それまでの主流は、ベーキングパウダーで膨らませるケーキ生地だった。

ブームが訪れるのは、一度ブームが沈静化するからだ。ドーナツが廃れるのではなく、流行の店の味が陳腐化し他の目新しいスイーツに目が行くだけで、忘れられるわけではない。新しいブランドができるたびに流行するのは、もともとドーナツが愛されているからだろう。シンプルな食材を使ったドーナツは、素朴で懐かしい味わいである。誰でも食べたことがある味で値段も高くない、気軽な定番スイーツである。

社会課題を解決する食品にもなっている

今回のブームは、ラシーヌもそうだが、いくつかの店が社会課題を解決することを掲げている点にも特徴がある。ラシーヌは食材のロス率が驚異的に低い飲食店ブランドで、オーガニックな食材を使ってきた。

やはり産地の課題を解決しようと、北海道の食材を使う学芸大学の「ヒグマドーナッツ」、ヴィーガンのドーナツを売る下北沢の「ユニバーサル・ベイクス・ニコメ」などが今は人気になっている。

(撮影:今井 康一)

環境を守ること、健康的で持続可能な食を選ぶことといったSDGsの考え方は、近年急速に食の世界に浸透してきた。食べること、買うことを通じて社会貢献することがおしゃれ、というトレンドが、やがて本気で社会の問題に取り組む人たちを増やしていくことにつながる可能性はある。

SDGsへの取り組みは、日本は遅すぎ、広がらなさすぎると言われ続けているが、もしかすると、こうしたメディア化した食から、社会を変えていくことが日本的なのかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT