日本で繰り返すドーナツ人気「3つの大きな節目」 日本のドーナツの歴史を変えたのはミスド

印刷
A
A

ラシーヌのドーナツの製造・販売を行うグリップセカンドの金子信也社長は、「いろいろな年代の人が一緒に食べられる。そんなに高くないから、子どもが母の日に買うなどハードルも低い」とドーナツが支持される理由を分析する。「ケーキだと手土産としては重い印象を与えがちな場面でも、ドーナツなら気軽に持参し喜んでもらうことができる」。ラシーヌでは、ドーナツを4個以上買っていく人も多いのだという。

「安定需要を見込める」以外の理由

だが、同社がドーナツの販売を始めたのには、安定需要を見込めるということ以外の理由がある。

同社はイタリアンやビストロ、パン屋など、業態が異なる14の飲食店を展開。全国70カ所以上の農家・酪農家・漁港など産地と直接契約し、その日に集まった食材からそれぞれの店でメニューを決める。

全店で年間5億円分の食材を仕入れるが、ロス率はわずか1%しかない。食材を無駄にしない同社が、コロナ禍で窮地に陥る果物農家を救おう、と始めたのが果物を使うドーナツとジェラートの販売だった。

池袋駅から徒歩10分ほどのところにあるラシーヌの店舗(撮影:今井 康一)

金子社長は、「コロナの巣ごもり需要で、A品と呼ばれる規格どおりの果物は売れたのですが、加工用のB品、C品の価値が非常に下がって販路が少なくなった。僕たちは農家さんの課題を解決するために、“エクセプト・フォーA”、つまりA品以外を加工するプロジェクトを立ち上げたんです」と語る。

もともとフランス料理のラシーヌブランドでパン屋も経営し、製造技術を持っていたことに加え、海外滞在歴が豊富な金子社長自身が、日本ではドーナツがブームになるのに、アメリカなどのように国民食にならないのはなぜか疑問を抱いていたことも理由だ。

4年ほど前からニューヨークやボストンのドーナツ店へ視察に行くなどしていたこともある。

次ページドーナツ販売を始めてわかったこと
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT