新橋に「24時間ゴルフ練習場」ができた興味深い訳 都市部でインドア練習場の新設が増えている

✎ 1〜 ✎ 99 ✎ 100 ✎ 101 ✎ 最新
拡大
縮小
今年3月、新橋にオープンした「GOLBA24」。24時間練習が可能だ(筆者撮影)

テレビ番組の街頭インタビューの定番スポットと言えば、お年寄りならとげぬき地蔵のある巣鴨、若者なら渋谷か原宿、そしてサラリーマン、とくにほろ酔い加減の人に聞くなら新橋だろうか。

そんな飲食店が密集した「サラリーマンの街」新橋に、24時間営業のインドアゴルフ練習場が3月1日にオープンした。「GOLBA24」で、完全個室4室とVIPルーム1室。周りは飲食店やカラオケ店などがひしめく繁華街のど真ん中のビルにある。

なぜコンビニのような「24時間営業」にしたのだろうか。運営するゴルフパラダイスの河嶋勉会長は「都市部を含めて、生活が多様化してきて、フリーな時間が夜中や朝方という人も多い。実際に朝方に練習をしている人が目につきます」と言う。

人がいるのは8時間、あとはマシンでカバー

店を24時間開けるとなると、人件費もかかりそうだが、同社ではこれまでよりも性能が高い計測器を導入することによって「12時間ずつ2人雇うとしてもオーバーワークになる。8時間だけ人を置いて、あとはマシンで16時間をカバーすることにしました」と話した。

導入しているゴルフ用計測器・シミュレーターは自社開発したサイエンスアイ・ゴルフ・シミュレーター(SGS機)という500万円超のものだ。

次ページSGS機で何ができるのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT