「キャプテン翼」の南葛SCが体現するすごい経営 選手営業で予算倍増、セカンドキャリア実現も

拡大
縮小
南葛SCのキックオフカンファレンスの様子(筆者撮影)

スペインの至宝・アンドレス・イニエスタ(神戸)を筆頭に、世界的名選手にも熱烈なファンの多い人気漫画『キャプテン翼』。その原作者である高橋陽一氏がオーナー兼代表を務める南葛SCが、今年から関東サッカーリーグ1部(J1から数えて全国5部相当)に参入。「葛飾からJリーグへ」をスローガンに掲げ、2年後のJ3昇格を目指して、4月2日から新シーズンに挑んでいる。

今季リーグ開幕戦となった4月2日の東邦チタニウム戦は1-1のドロー。そこからジョイフル本田つくばFC、エスペランサSCと3試合連続引き分け、5月1日の栃木シティFC戦は0-1の苦杯。目下、10チーム中8位と厳しい滑り出しになっている。だが、岩本義弘GMが「関東1部は実力的に拮抗したリーグ。本当に拮抗したリーグ。ここからが本当の闘いになる」と言うように、いかにしてギアを上げていくかがポイントになりそうだ。

元日本代表も続々とチームの一員に 

今季を迎えるに当たり、彼らはワールドカップ(W杯)出場経験のある元日本代表の稲本潤一、今野泰幸の2人を鳴り物入りで獲得。世間を大いに賑わせた。それ以外にも、日の丸経験のある伊野波雅彦、関口訓充ら実力者を加え、注目度は飛躍的にアップした。

2021年の年間運営費は1億7000万円。今季は3億円近いレベルまで上乗せする見込みだ。この金額は関東1部の中ではもちろん上位だが、J3のクラブに比べれば、そこまで資金力があるとは言えない。そんな小規模クラブがなぜビッグネームを次々と獲得できたのか……。背景には、独自のクラブ運営策があるという。

次ページまずは選手営業の導入を進めた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT