「チームワーク」が職場の混乱を招くワケ

プロ集団を好む人、仲良しクラブを好む人

「チーム=みんな」と考える女性

一方で、女性が「チームで働く」と言ったときにイメージするのは、そのどちらでもないことが多いかもしれません。

多くの女性に支持されるのは、「みんなで働く」というもの。縦社会ではなく横社会に生きる女性たちは、序列をつけて、一方的に命令を出したり従ったりすることに、強い違和感を覚えます。

みんなで情報共有し、みんなで作業し、みんなで徹夜する。ギスギスとそれぞれの職務を果たすのではなく、和気あいあいと和やかに、みんなで分担してみんなで働きたい。それが彼女たちの望むチームワークです。

みんなで成功すればみんなでうれしいし、みんなで失敗したなら責任も分散される。査定に差はつかず、序列も明確にならない。そういうチームワークをしたいのです。

「チーム観」がずれているとバラバラに

以上、おおまかに3つほど代表的な「チームワーク観」を挙げてみました。

もちろん、どれがよくてどれが悪いということではありません。「みんなで」働きたがる男性もいますし、職場によっては「プロ集団」を気取ろうにもそうもいかない現実もあるでしょう。

ただ、和と団体行動を重んじる日本人は、ともすると考えなしに「チームワーク」「一丸となって」という言葉に逃げ込みがち。リーダーにしろ、メンバーにしろ、いったいどういう意味で「チーム」という言葉を使っているのか。一度丁寧に探り、すり合わせるところから、「チームワーク」を始めてみてはどうでしょうか?
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。