自分の「やりたいこと」が明確になる2つの仕掛け まずは「しなくないリスト」を作ってみよう

印刷
A
A

先ほどの例において、思い込みをなくすことで上司や同僚を見る目が変わるかもしれません。例えば、「上司には意外な一面があることがわかり、急に親しみが湧いた」や「同僚に思い切って話しかけたらすごく優しかった」などです。「怖い」や「苦手」と決めつけず、受け取り方を変えるだけで、感情を少しでもプラスにし、生活を豊かにすることができます。

普段の生活においても、受け身で流されるのではなく、「今、自分はどんな感情を受け取っているのか」「それが自らにとってよくない受け取り方ならば、どのように改善すべきだろうか」など考えてみてください。

2.思考をコントロールする

次に、思考をコントロールする方法について紹介していきます。思考をコントロールするうえで最も大切なことは、自分に「前向きな質問」するということです。

人間の脳には、考えたことについて何かしらの「答え」を導き出す機能があります。例えば、「時間がなくて自分の時間が取れない」と考えた場合、「仕事が忙しいから仕方がない」「人付き合いも大切だ」などと、考えうる結論を勝手に導き出してしまいます。

「前向きな質問」に変えることで変わる

無理だ、不可能だと強く思えば思うほど、できない理由を探してしまうのです。しかし、これを「前向きな質問」にすることで思考はガラリと変わります。

「時間がないのは何故なのか?」「どうすれば時間が作れるのか?」。このように考えることで、「この時間は短縮できるかもしれない」「スケジュールの見直しをしてみよう」などと、考えを移すことができるようになります。

思ったこと、考えたことに「前向きな質問」をする。これを意識することで、脳は一生懸命前向きな「答え」を導き出してくれるのです。少し意識するだけで思考は簡単に変えることができ、思考は行動に直結します。

そして、それを続けていくことが大切です。

考えるということは、とても労力のいる行動です。しかし、大変だからといって思考を放棄し、その結果、「こんなはずじゃなかった」と後悔しても誰も助けてはくれません。そうなる前に、今一度自分の人生をどう生きるか、思考してみてもいいでしょう。

『お金を持ち続けられる人になるための「自分資産化計画」』書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「思考」や「感情」をコントロールできるようになると、自然と行動にもつながってきます。行動もコントロールできるようになれば、よりよく生きていくことができるでしょう。

これまで、やりたいことを見つけ、それをかなえるコツについて、紹介してきました。

もっと人生を豊かにしたい、自分のやりたいことをしたい、今の生活を変えたいと思っているならば、それはチャンスです。自分を変えられるのは自分しかいません。日々、考えを少しずつ変えていくだけでもやりたいことができる人生へとつながります。

ぜひ、今回紹介した方法を心に留め、自分のために働き、自らの意思で人生を作っていきましょう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT