吉岡里帆さん、移動の車に「枕と布団」常備するワケ 主演映画『ハケンアニメ!』では監督役に挑む

印刷
A
A
演技の幅を広げている女優・吉岡里帆さん(撮影:梅谷秀司)
この記事の画像を見る(9枚)

根強い人気を誇る女優、吉岡里帆さん。4月に公開された映画『ホリック xxxHOLiC』では、セクシーな悪女・女郎蜘蛛役に挑戦。演技の幅を広げている。

5月20日公開の主演映画『ハケンアニメ!』では、新人アニメーション監督・斎藤瞳を好演。本作の前半部分では、世間に定着しているイメージを封印。観ているこちらも胃が痛くなるようなヒリヒリしたシーンの連続で笑顔を封印して新境地を開拓した。

移動の車に「枕と布団」を常備するワケ

――『ハケンアニメ!』で演じた斎藤瞳は、作品作りに妥協しないアニメーション監督です。吉岡さんがプライベートで妥協しないモノやコトを教えていただけますか。

日頃のテーマは、「どれだけリラックスできる時間を作れるか」です。自宅での寝心地には妥協せず、こだわっています。具体的には、お布団や枕などの寝具を、より良いものをいつも模索しています。

お布団は、素材が変わるだけでずいぶん寝心地が変わると聞いたことがあるので。枕は使い続けると安定する首の位置が変わっていくらしく、合うお布団もそのときどきで変わるそうです。そのときにベストなものを常に探しています。

基本的にはシーズンごとに買い替えていますが、以前使っていた寝具も保管しておいて、使っている寝具の寝心地が変わったら取り替えて使っています。

――睡眠って大切ですよね。

仕事のパフォーマンスを高めるためにも大事にしたいんです。本当は長時間睡眠派なんですけど、今はお仕事がバタバタしているのでショートスリーパーになっています。理想の睡眠時間は7時間なのですが、確保できず……。でも、可能なかぎり眠りたいので、車内に枕とお布団を常備して、移動中に眠っています。今のお仕事のロケ地が北関東なので、現場に到着するまでの1時間半、車内で熟睡しています(笑)。

次ページ昔も今も思う、「夢は叶えるもの」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT