「資生堂150周年」女優8人出演CMが好評のワケ 米津玄師の新曲使用「プレステ」CMにも注目

印刷
A
A
(写真:資生堂CM「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」より)

2月前期の作品別CM好感度ランキングを見ると、人気俳優の共演や大物アーティストの抜擢などキャスティングで話題性を高めたCMが目立った。総合1位に輝いたのはリクルート『タウンワーク』。

昨年の春にスタートした木村拓哉と芦田愛菜が本人を演じるシリーズの第2弾CMで、地下鉄のセットの前で木村が「タウンワークって何?」などと芦田に尋ねるコミカルな展開だ。9カ月ぶりのオンエアにもかかわらず、若年層や主婦のポイントを伸ばし、昨年4月後期調査以来の首位に返り咲いた。

資生堂の企業CMが約11年ぶりにトップ5入り

資生堂は創業150周年を記念した企業CMが好評で、同社のCMとして約11年ぶりにトップ5入りを果たした。「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」をテーマに展開するもので、安藤サクラ、池田エライザ、石田ゆり子、小松菜奈、近藤華、長澤まさみ、広瀬すず、前田美波里ら人気女優8人が出演している。

BGMには1978年に『ベネフィーク グレイシィ』のCMソングとしてヒットした『君のひとみは10000ボルト』の中村佳穂によるカバー曲が使用され、同社が発信してきたメイクや価値観の歴史、過去のCMのオマージュなどを最新の映像技術で表現している。

60秒CMは1872年に創業した同社の店舗や東京・銀座の街並みを再現したモノクロ映像に始まり、丸まげを結った石田が着物姿で現れる。続けて『い・け・な・いルージュマジック 資生堂 ルア リップカラークリエイター』のCMをオマージュした場面には、1980年代の“太眉”メイクをした安藤がオープンカーに乗って登場。

その後もリモート面接に臨むリクルートスーツ姿の広瀬すず、昭和初期と現代の“ビューティーコンサルタント”に扮した小松、1928年開業のレストラン『資生堂パーラー』に心を躍らせる“モガファッション”の長澤、華やかなメイクや髪型でベネフィーク グレイシィのCMの世界観を再現した池田らが次々に映される。

次ページ成人女性を中心に好評価を獲得
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT