兄弟愛の描写秀逸「操作しながら感涙」傑作ゲーム 映画監督が制作「ブラザーズ 2人の息子の物語」

印刷
A
A
(画像は任天堂公式サイトより)
(画像は任天堂公式サイトより)

「なぜ人はゲームを遊ぶのか?」を突き詰めた作品

テレビゲームと映画の違いはなんでしょうか。いろいろと挙げられますが、やはりそれは「プレーヤーが操作している」ところです。

自分がボタンを押すと、ゲーム内のキャラクターがそれに応じた動きをする。ただ動くだけでも楽しいですが、ストーリーや文脈を駆使してそれにより大きな意味を持たせたのが『ブラザーズ 2人の息子の物語』のラストシーンなのです。

言い換えるのであれば、「なぜ人はゲームを遊ぶのか?」という疑問を突き詰めた作品でもあります。『ブラザーズ 2人の息子の物語』のような体験があるからこそ、多くの人がゲームに熱中するのでしょう。

ちなみに、ジョセフ・ファレス氏はその後に『It Takes Two』という「究極の協力プレイゲーム」を作りあげています。こちらも見事な作品です(『年末年始が暇すぎて困る人にお薦め「ゲーム」5選』参照)。

・遊べるゲーム機:PS4、Xbox One、Xbox Series X|S、スマートフォン(iOS、Android)、Nintendo Switch、PC ※Nintendo Switch版はグラフィックが正常に表示されない不具合が存在しています。また、コントローラーを使って1人で遊ぶのが最もおもしろく感じられるでしょう。

前回:「1回15分で遊べるのに内容は超壮大」凄いゲーム
前々回:人間模様を描きすぎ「怪作になったゲーム」の正体

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT