ネット配信拡大で変貌する「映像ジャーナリズム」 報道はTVニュースから配信ドキュメンタリーへ

印刷
A
A

U-NEXTにて独占配信中の『カルロス・ゴーン 最後のフライト』。こうしたジャーナリズム的なドキュメンタリー作品が動画配信サービスに数多く見られるようになった © MBC Studios

昨今、国内外のドキュメンタリー作品を目にする機会が動画配信を中心に増えている。実際、動画配信サービスのU-NEXTでは、同視聴者数が過去3年間で4倍に伸長しているという。その背景にはなにがあるのか。

メディアが紙媒体からネットへと移り変わってきたように、映像ジャーナリズムはテレビニュースから配信ドキュメンタリーが表現手法として主流になっていくのか。現状とこれからを掘り下げてみる。

話題作が増えてきている

ドキュメンタリーといえばまず思い浮かぶのがNHKだろう。良質な作品を自局で制作するほか、世界各国のテレビ局や独立系プロダクションのドキュメンタリーをBSチャンネルも含めて国内外で放送している。そのテーマも環境問題から紛争やテロ、社会問題まで多彩だ。

近年では、国内の身近な題材を定点観測する『ドキュメント72時間』といったレギュラー番組を設けてより幅広いテーマをすくい上げている。それらが映し出す濃密な人間ドラマや知られざる世の実情は、それまで縁がなかったような新しい知識を授けることで知的好奇心を満たすとともに視聴者を魅了してきた。

民放でもキー局をはじめ全国のローカルテレビ局は、昔からドキュメンタリー番組を積極的に制作している。とくにローカル局にとっては、報道としての意義のほかに、出演料やセット、ロケ撮影など制作費の膨らむドラマに比べて、カメラひとつで撮影、作品化できるというメリットもある。さらに題材についても、地域ならではの社会問題や事件をテーマにすることで他作品との差別化につながる。

次ページ受賞による宣伝効果も
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT