津田大介氏「今の若者はゼロイチで考えすぎ」 ”減点型社会”が若者を変えた?

印刷
A
A

原田:津田さんにはいずれ政治家になってほしいです。金髪政治家(笑)。

津田:うーん、それはないですね。やはりメディアを作るのが好きなので、メディアとして政治とかかわる形をとりたいです。でも、政党は作りたいですね。議員になったらしがらみができちゃうので、自分は議員として出ることはありませんが。

原田:すでにそろそろ、しがらみが出てきているんじゃないですか?

津田:まあ、少ないほうですよ。しがらみを作らないために自分で稼いできましたし、そういう意味でもメルマガで収入ベースができたことはよかったなと思っています。

原田:津田さんは、最終的に何を目指しているのですか?

津田:どうでしょう。でも、いろんな面白いメディアを立ち上げたいというのはあります。イメージとしてはルパート・マードックのような感じですかね。

「0 or 1」思考が増えている?

原田:多方面でご活躍中の津田さんですが、大学時代はどんな感じだったのですか?

津田:授業は出ないし、友達も全然いませんでした。最初はバンドサークルに入ろうと思っていたのですが、大学に入ってヒャッハーみたいなノリになれなくて、気分が落ち込んでいましたね。1年間浪人もしてたし。それで、「多重録音芸術研究会」という音楽サークルに入ったのです。ひとりで多重録音して作った曲を月に1回発表して、ルーズリーフで批評し合うという、すごい暗いサークルです(笑)。

社会人の彼女と暮らしていた時期は、彼女が出社しても夕方まで寝て、起きたらご飯を食べてゲーム。彼女が帰宅したら話をして、彼女が寝たら朝までゲーム(笑)。怠惰を絵に描いたような大学生活でしたね。要は何もしてなかったわけですが、インターネットは面白いと思ってやっていました。大学のコンピュータルームには入り浸っていましたよ。

原田:自分の若かった頃と比べて、今の若者はいかがでしょうか。ゆとりでダメになっているなどと言われていますよね。

津田:大学で教えていると、全体的にすごく優秀になってきているなという印象を受けます。まじめですよ。今はみんな授業に出ますからね。そこがまず違うなあと思います。

一方で、融通が利かないというか、フレキシビリティに欠ける子が多いとも感じています。

次ページ社会に制約が増えている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT