有料会員限定

外食お宝銘柄、厳選130 PART2 買える銘柄|総まくりランキング

印刷
A
A

頭打ちの市場で激戦が続く中、成長・高配当が期待できる企業は?

(YNS_PIXTA)

特集「外食頂上決戦」の他の記事を読む

かつては外食銘柄といえば、決算発表月あるいは配当や株主優待の権利確定日近辺に、株価が少し動く程度だった。それがここに来て、既存店動向の浮き沈みの激しさなどを映し、株価が大きく上下する銘柄も出てきている。

エース証券の澤田遼太郎アナリストは、「外食銘柄はボラティリティー(株価変動率)が高くなってきた。月次売上高を反映して動くこともある」と語る。お宝銘柄を掘り当てれば、キャピタルゲインを取ることもできるというわけだ。

頭打ちの国内外食市場において、今後も成長しそうな会社、利益を上げている会社はどこなのか。低成長でも配当をしっかりもらえる企業はあるのか。最新版『会社四季報』を基に、4つの指標から「お宝銘柄候補」を探っていこう。

1. 今期増収率|「町田商店」のギフトが首位

まずは成長性を見る指標としての増収率ランキングから。外食の場合、もちろん既存の国内事業で成長するケースもあるが、少子高齢化で市場が伸びない中では、海外展開やM&A(合併・買収)、収益源の多角化による売り上げ増もカギとなる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
外食頂上決戦
すかいらーく、ロイホの狙い
インタビュー/ロイヤルホールディングス 会長 菊地唯夫
ぐるなび、食べログの悩み
跳躍するウーバー vs. 迎え撃つ出前館
ワタミ会長「どこに向かうのか社員は迷っていた」
渡邉美樹 会長兼グループCEOに直撃
背景には「ブランド寿命」
PART3 負け組の逆襲
インタビュー/ペッパーフードサービス 社長CEO 一瀬邦夫
打ち合わせ、商談、資料作成…
優待が魅力の外食株。高値づかみの危険を避ける3つのカギとは?
四季報記者が独自算出
PART2 買える銘柄|総まくりランキング
便利なサイトも登場し副業も可能に
富士そば vs. 小諸そば vs. ゆで太郎
SNSで話題になる店舗も
日本法人トップ水口貴文 × デービッド・アトキンソン
脱「勘頼み」の経営、V字回復の仕掛け人
吉野家、ケンタッキー、丸亀製麺、ガスト
インタビュー/日本マクドナルドホールディングス 社長兼CEO
PART1 新しい勝ち組|本誌独自! マトリックス
外食頂上決戦
勝ち組 負け組を徹底解明!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内