有料会員限定

ミライザカ、鳥メロ…ワタミ“看板隠し"の効果 背景には「ブランド寿命」

印刷
A
A

主力店の看板を下ろし名称を変える居酒屋が急増中。背景には「ブランド寿命」がある。

鶏料理中心のミライザカや鳥メロ。ワタミの運営であることは強調していない

特集「外食頂上決戦」の他の記事を読む

顧客に浸透している看板名を捨て去って、再成長の道を突き進んでいる外食チェーンがある。居酒屋大手のワタミだ。

ワタミは積極出店と同時に安売り競争を仕掛けたことがあだとなり、2015年3月期に20億円もの営業赤字に転落。16年にはブラック企業批判にさらされ、ブランドの毀損が決定的になった。

これをきっかけに同社は、「ワタミブランド」を捨てる覚悟を決める。主力ブランドの「和民」「坐・和民」を「ミライザカ」ヘ、もう1つの主力ブランド「わたみん家」を「三代目鳥メロ」へ転換していった。

ミライザカは若鶏の空揚げを看板料理に据え、女性を意識した内装・外装に刷新した。一方、鳥メロは、わたみん家で使用していた炭火の焼き台を再利用して、焼き鳥などの鶏料理を中心に展開する。

両業態にはワタミの運営している“痕跡”が、どこにもない。それまでは、どこかにワタミという名が残っていたり、中身はワタミそのものだったりという店が多かった。それを名前どころか、総合居酒屋という「成功体験」まで見切った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
外食頂上決戦
すかいらーく、ロイホの狙い
インタビュー/ロイヤルホールディングス 会長 菊地唯夫
ぐるなび、食べログの悩み
跳躍するウーバー vs. 迎え撃つ出前館
ワタミ会長「どこに向かうのか社員は迷っていた」
渡邉美樹 会長兼グループCEOに直撃
背景には「ブランド寿命」
PART3 負け組の逆襲
インタビュー/ペッパーフードサービス 社長CEO 一瀬邦夫
打ち合わせ、商談、資料作成…
優待が魅力の外食株。高値づかみの危険を避ける3つのカギとは?
四季報記者が独自算出
PART2 買える銘柄|総まくりランキング
便利なサイトも登場し副業も可能に
富士そば vs. 小諸そば vs. ゆで太郎
SNSで話題になる店舗も
日本法人トップ水口貴文 × デービッド・アトキンソン
脱「勘頼み」の経営、V字回復の仕掛け人
吉野家、ケンタッキー、丸亀製麺、ガスト
インタビュー/日本マクドナルドホールディングス 社長兼CEO
PART1 新しい勝ち組|本誌独自! マトリックス
外食頂上決戦
勝ち組 負け組を徹底解明!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内