制度の主人公は国民、担い手としての自覚を--『介護保険の意味論』を書いた堤 修三氏(大阪大学大学院教授)に聞く


 残念なのは、そうした財政試算を正面から受け止めて、制度のあるべき姿を議論する責務のある審議会の委員がそれを避けたことだ。「介護職員の処遇改善や利用限度額の引き上げは必要だ。しかし保険料や利用者負担増はすべきでない。代わりに国庫負担を引き上げろ」との主張が続出するありさまを見るとがっかりする。現在の5割を超えて公費を投入することの問題点や実現性のなさを棚に上げて、財源が天から降ってくることに期待するというのは無責任だ。制度発足時の理念だった「みんなで支える介護保険」はこんなものではなかったはずだと思う。

「私(国民)=要求する人」「あなた(国)=制度を作る人」という対立的二分法では、制度の安定や機能の発揮は難しい。国民にはその二分法を乗り越えて制度作りの主人公になってもらいたい。

(聞き手:岡田広行 =週刊東洋経済2011年1月15日号)

つつみ・しゅうぞう
大阪大学大学院人間科学研究科教授。1948年長崎市生まれ。東京大学法学部卒業後、旧厚生省入省。98年大臣官房審議官(介護保険制度実施推進本部事務局長)に就任、介護保険制度の創設実施の事務を担当。厚生労働省老健局長などを経て、2003年8月に同省を退職。同年11月より現職。

『介護保険の意味論』 中央法規出版 2100円 158ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT