"廃墟モール"ピエリ守山、再生への処方箋

立地条件のマイナスをどうハネ返す?

閑散ぶりがネット上などで話題となった「ピエリ守山」

琵琶湖の南岸に位置する滋賀県守山市。12月17日、この地で注目の商業施設がリニューアルオープンした。「ピエリ守山」。かつて“明るい廃墟”として、インターネット上などで話題となったショッピングモールだ。

この施設が開業したのは、ファンドバブル華やかなりし2008年9月。開発業者はオープン後すぐに、外資系ファンドに売却する計画だった。が、開業に前後してリーマンショックが発生。ファンドへの売却話は頓挫した。

加えて同年11月には、近隣にライバル店が次々と開業。ピエリに入居するテナントは苦境に陥ったが、売却しか念頭になかった開発業者は適切な手が打てないままだった。

こうした中、テナントが立て続けにピエリから撤退を始める。2010年には、資金繰りの悪化などから、開発業者が民事再生法の適用を申請。債権者への弁済のため、ピエリの営業は続けられた。

地元客を掘り起こす戦略

この施設の売却話が関西地盤の不動産業者、サムティに届いたのは2013年6月。精査の結果、琵琶湖岸というロケーションや設備にポテンシャルを感じ取った同社は、3カ月後に購入を決めた。

新生ピエリの目玉は、滋賀県初出店のH&M、OLD NAVYを含む、6ブランドの外資系ファストファッション。これまでは京都市内まで足を延ばさないと手に入らなかった、これらのブランドを訴求材料に、地元客を掘り起こす戦略だ。

次ページ新生ピエリをビジュアルで解説
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。